CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「クラウドネイティブ内製化支援サービス with Azure Kubernetes Service」のメニューが拡充

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/02 10:00

 エーピーコミュニケーションズは、同社が提供する「クラウドネイティブ内製化支援サービス with Azure Kubernetes Service」の既存サービスをアップデートするとともに新たなサービス追加し、サービスメニューを拡充したことを、7月1日に発表した。

 同社は、ユーザー自身の「クラウドネイティブ環境の内製化・自動化」を支援するため、「クラウドネイティブ内製化支援サービス with Azure Kubernetes Service」を提供している。今回、新たなサービスが追加された。具体的なサービス内容は以下の通り。

コンテナスターターキット

 数コマンドで構成可能なシステムのひな型とコンサル・テクニカルサポート・トレーニングをセットにした、AKS(Azure Kubernetes Service)スピード導入サービス。簡易アプリケーション一式と、そのアプリケーションが載るAKS・データベースなどシステム一式を、コマンドのみでデプロイ可能。その日からすぐに動かして、実際の動作を体感することができる。

DXシステム設計構築/支援

 ハイスキルなエンジニアが専属となり、マイクロサービスアーキテクチャーやAKS/AzureDevOpsの利用など、モダンなシステムの全体アーキテクチャー設計・構築を納品型・支援型を組み合わせて実現しする。Windows/Linux上にある既存のアプリケーション資産については、オンプレ・クラウド環境へのコンテナ化/マイクロサービス化が可能。

SRE・DevOps推進

 よりスピードのあるリリースのため、コンテナやCI/CD基盤運用を内製化、自動化する。必要に応じたアウトソースも可能。また、アジャイル開発チームがフルスタックに行う必要がある、クラウドネイティブ基盤での各種構築・運用・自動化活動をサポートする。

実践型クラウドネイティブトレーニング

 個社向けにコンテナやCI/CDなどのトレーニングを実施。コンテナ・AKS・CI/CDの実現に必要な技術スキルセットを体系的に学ぶことができる。技術スキルセットだけでなく、クラウドネイティブに必要な組織論・マインドセットを含めたトレーニングも提供する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5