CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Oracle、Autonomous JSON Database向け新API「Oracle Database API for MongoDB」を利用可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/02/24 08:00

 米Oracleは、Oracle Autonomous JSON Database向けの新しいAPIである「Oracle Database API for MongoDB」の提供を、2月10日(現地時間)に発表した。

 Oracle Database API for MongoDBによって、開発者はMongoDBのツールやドライバをそのまま使用しつつ、Oracle Autonomous JSON Databaseに接続してOracleのマルチモデル機能や自律型データベースのメリットを得ながら、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)上でMongoDBのワークロード実行が可能になっている。

 Oracle Autonomous JSON Databaseは、JSONを中心とした開発を低コストで行えるよう設計されており、API for MongoDBとOracle SQLの両方を使用して同じドキュメントデータにアクセスできるので、分析、機械学習、空間分析などを行うために、わざわざデータを別のデータベースへ移す必要がなく、MongoDB Atlasの代替として、以下のような高度な機能を利用できる。

  • スケーラブルなSQLを使用した完全な分析クエリおよびレポート
  • 異なるJSONドキュメント・コレクション間、またはJSONドキュメントと他のリレーショナル・データ間の結合
  • リレーショナル・データと分析クエリの結果をMongoDBのコレクションとして公開
  • 機械学習アルゴリズムや空間分析をJSONドキュメント・データ上で実行
  • Oracle APEXを活用したローコード・アプリケーションの開発
  • 期間・データサイズ制限なしのACIDトランザクション
  • 管理者によるユーザー・データへのアクセスを不可にする、Database Vaultなどのエンタープライズ・セキュリティ機能

 また、API for MongoDBは、Oracleの主力クラウド・データベース・サービスであるAutonomous Databaseでも使える。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5