CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

リボンインターフェースに「開いたファイルの履歴」を組み込む

PowerTools Ribbon for .NETのC1Ribbonコンポーネントを使ってアプリケーションにリボンを実装する-その3

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/02/20 14:00

今回は、プログラム実行中にコードからリボンメニューを操作し、アプリケーションメニューにメニュー項目を追加する処理を実装します。これまでのメニューコントロールと同様、リボンコンポーネントもメニューをコードから追加・削除することができます。

目次

はじめに

 Windowsアプリケーションのメニューには「最近使用したドキュメント」というものがあります。アプリケーション起動中でも、他のファイルを開いた際にはこのメニューにファイル名やパスなどが逐一追加されていきます。また、このメニューのファイル名をクリックすると、そのファイルを開くことができます。

 今回はこのように、プログラム実行中にコードからリボンメニューを操作し、アプリケーションメニューに項目を追加する処理を実装します。これまでのメニューコントロールと同様、リボンコンポーネントもメニューをコードから追加・削除できます。

開いたファイルの名前とパス名をアプリケーションメニューに組み込む
開いたファイルの名前とパス名をアプリケーションメニューに組み込む

これまでの記事

  1. .NETでOffice 2007と同じ「リボンインターフェース」を持ったエディタを作る
  2. .NETアプリのリボンインターフェースにUndo・Redo・ズーム機能を組み込む

対象読者

 Visual Basic 2005またはVisual C# 2005を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005またはVisual C# 2005、Visual Studio 2005でプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studioを使用して作成し動作確認を行っています。

プログラム実行時の注意事項

 本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下のファイルが必要になります。

  • C1.Win.C1Ribbon.2.dll…C1Ribbon コンポーネント(.NET Framework 2.0 用)

 これらのファイルを実行プログラムと同じフォルダに格納します。 .NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。

※注意
 Windows VistaでPowerTools Ribbon for .NETのサンプルをコンパイルしようとするとエラーが発生します。これは、Windows VistaのUAC(ユーザーアカウント制御)により、製品サンプルがインストールされているフォルダに書き込みができないため、コンパイル時にエラーが発生するという現象です。Visual Studioを管理者として実行するか、サンプルプロジェクト一式をアクセス権のあるフォルダに移動してからコンパイルを行うようにしてください。

コンポーネントのインストール

 はじめてPowerTools Ribbon for .NETを使用する方は、プロジェクトにComponentOne Studio 2007 WinForms Editionをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください。製品ページ左側の[ダウンロード]-[トライアル版]をクリックし、ダウンロード方法([FTP]または[HTTP])を選択すれば入手できます。ファイルはLZH形式で圧縮されています。

 有償のコンポーネントですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 PowerTools Ribbon for .NETをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、PowerTools Ribbon for .NETコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、「.NET Frameworkコンポーネント」の「名前空間」が「C1.Win.C1Ribbon」で始まる名前空間のコンポーネント「C1Ribbon」と「C1StatusBar」です。

「名前空間」が「C1.Win.C1Ribbon」で始まる名前空間のコンポーネント「C1Ribbon」と「C1StatusBar」を選択する
「名前空間」が「C1.Win.C1Ribbon」で始まる名前空間のコンポーネント「C1Ribbon」と「C1StatusBar」を選択する

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5