SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Visual Studio Team System 2008 Database Editionを使ってみよう

Visual Studio Team System 2008で
T-SQLの単体テストをやってみよう

Visual Studio Team System 2008 Database Editionを使ってみよう(2)

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載は、SQL Serverデータベースのデータベーススキーマの開発、テスト、管理などを行うVisual Studio Team System 2008 Database Editionを利用したデータベース開発について紹介します。第2回となる今回は、ストアドプロシージャやT- SQLの単体テストを行うための機能に注目していきたいと思います。

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 Visual Studio Team SystemのメジャーバージョンアップとなるVisual Studio Team System 2008がリリースされ、以前の機能を踏襲しながらも、さまざまな部分において安定性の向上や機能の追加・向上が図られました。今回はその中でもSQL Serverデータベースのデータベーススキーマの開発、テスト、管理などを行うVisual Studio Team System 2008 Database Edition(以下、VSTS-DBと表記します)を利用したデータベース開発について紹介します。第2回となる今回は、ストアドプロシージャやT-SQLの単体テストを行うための機能に注目していきたいと思います。なお、VSTS-DBの概要については第1回の記事にて紹介していますので、そちらをご覧ください。

 また、2008/12/17にリリースされたVisual Studio Team System 2008 Database Edition GDRについては本稿の対象外としていますのでご注意ください。

対象読者

  • .NET Frameworkを利用した開発プロジェクトに携わっている人
  • Visual Studio Team System 2008に興味がある人

必要な環境と準備

 本稿で解説している内容を実際に試す場合には、以下の環境が必要となります。

  • Visual Studio Team System 2008 Database Edition
    または、Visual Studio Team System 2008 Team Suite
  • SQL Server 2005 Express Edition
  • Northwindサンプルデータベース

 VSTS-DBの製品メディアがない場合には、評価版を利用しても構いません。VSTS-DBの評価版は用意されていませんので、代わりに「Visual Studio Team System 2008 Team Suite(90日間評価版)」をダウンロードしてインストールを行ってください。

 SQL Server 2005 Express EditionはVSTS-DBやTeam Suiteのインストール時に同時にインストールすることができます。また、Express Edition以外のどのエディションでも特に問題はありません。

 Northwindサンプルデータベースは、SQL Server 2000に付属のサンプルですが、「Northwind and pubs Sample Databases for SQL Server 2000」のページからダウンロードすることができます。ダウンロード終了後、インストーラーを起動して、指示に従ってインストールを行ってください。デフォルト設定のままインストールを行うと「C:\SQL Server 2000 Sample Databases」フォルダにmdfファイルやSQLスクリプトが格納されています。コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行してください。

[リスト1]Northwindデータベースの作成
sqlcmd -S localhost\sqlexpress -I “C:\SQL Server 2000 Sample Database\instnwnd.sql”

 以上で、準備は終了です。

 なお、本稿で解説している内容およびスクリーンショットは、Visual Studio 2008 Team Suite+Service Pack 1を利用している環境に基づいています。そのため、VSTS-DBを利用している場合、Service Pack 1が当たっていない場合の2つの場合において、スクリーンショットの一部に差異がある可能性があります。本稿で解説している内容を実践する場合には、できる限りService Pack 1を適用した状態で行うようにしてください。

データベースプロジェクトの準備

 本題に移る前にそのための準備をしましょう。必要な環境と準備のところで用意しているNorthwindデータベースからスキーマ情報をインポートして新しいデータベースプロジェクトを作成します。1から作成する場合には、前回の記事の「スキーマ開発を始めよう」の部分にその方法がありますのでそちらをご覧ください。

 付属のサンプルにはここまでの作業を実施したものを付けてあります。ファイルをダウンロードして解凍したフォルダの中に「CodeZine-VSTS-DB02」というフォルダがありますので、その中の「CodeZine-VSTS-DB02.sln」ファイルをVisual Studioで開けば準備完了です。

 また、以降では実際に作業を実施していく手順も説明しています。作業そのものは行わないけど結果は確認したいという場合には、付属のサンプルを解凍してできたフォルダ内に「CodeZine-VSTS-DB02-Finish」というフォルダがあります。この中のソリューションファイルを開いていただければ、作業実施後の結果を確認していただくことも可能です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
新しいテストを作成しよう

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Visual Studio Team System 2008 Database Editionを使ってみよう連載記事一覧
この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。主な著書に「独習シリーズ(Java・C#・Python・PHP・Ruby・JSP&サーブレットなど)」「速習シリーズ(ASP.NET Core・Vue.js・React・TypeScript・ECMAScript、Laravelなど)」「改訂3版JavaScript本格入門」「これからはじめるReact実践入門」「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編 」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト りばてぃ/FUJIKO/ナオキ(リバティ, フジコ, ナオキ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/3665 2009/04/02 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング