Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

高速に符号/復号を行える最小冗長符号「Canonical Huffman Code」

最小冗長符号をHuffman木を作成せずに実現する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/05/10 00:00

本記事ではデータ圧縮の基盤である最小冗長符号を実現するCanonical Huffman Code(以下、CHC)を紹介します。最小冗長符号は、各文字の出現確率が分かっている場合にそのデータを最小長で表現可能な符号です。CHCは良く知られたHuffman符号の一種ですが、木を用いずに表引きのみで処理を行うので高速に符号/復号が可能です。また、符号の長さ制限をつけた場合の最適な符号を求めるreverse package merge法も紹介します。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5