Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google Developer Day 2009で学んだ
Java版Google App Engineの勘所

「Javaで動かすGoogle App Engine」セッションレポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/06/16 16:30

 6月9日に開催された「Google Developer Day 2009」で、夷藤勇人氏と鵜飼文敏氏により「Javaで動かすGoogle App Engine」というセッションが講演されました。本稿では、その概要をお伝えします。

目次

はじめに

 6月9日に開催された「Google Developer Day 2009」で、夷藤勇人氏と鵜飼文敏氏により「Javaで動かすGoogle App Engine」というセッションが講演されました。本稿では、その概要をお伝えします。

 Google Developer Dayとは、Googleが主催する開発者向けのイベントです。例年、Google Japanのスタッフのみならず、世界中のオフィスからソフトウェアエンジニアやデベロッパーアドボケイト(advocate;支持者)、API Expert(Google認定のサードパーティエンジニア)が駆けつけて、Googleが関わる最新のテクノロジーのセッションが行われています。

 セッションでは、前半で夷藤勇人氏がGoogle App Engineの概要を説明し、後半で鵜飼文敏氏がデータストアについて説明しました。

 以下、罫線で囲んだ部分は、セッション中に表示されたスライドの内容を抜粋しています。

対象読者

  • ウェブサービス開発に興味のあるJavaエンジニア
  • Google App Engine for Javaに興味がある方 

Google App Engineの役割

Google App Engineとは
  • Googleのインフラ上でWebアプリを走らせる
  • 提供されるプラットフォーム(PaaS)
    • ハードウェア、ネットワーク、OS
    • Pythonサポート
      • Pythonランタイム
      • Djangoなどの3rd partyライブラリ
    • Javaサポート
      • JVM
      • サーブレット・コンテナ、ライブラリ
    • その他のGoogleが提供するソフトウェア・サービス

 「Google App Engine」とは、GoogleのインフラでWebアプリを実行できるクラウドサービスで、2008年4月8日に最初のPython版が発表され、翌年の2009年4月7日にJavaへの対応が発表されました。

 提供されるプラットフォームは、「ハードウェア」「ネットワーク」「OS」です。Python版では、Pythonランタイム、Djangoなどのサードパーティライブラリがサポートされており、Java版では、JVM、サーブレット・コンテナ、ライブラリがサポートされています。

 Java版の詳細については、筆者の連載「Google App Engine for Javaを使ってみよう!」をご参照ください。

Google App Engineの特徴

主な特徴
  • 動作環境のインストール・メンテナンス一切不要
  • マシン台数増やさないと...という心配不要
    • Googleが負荷に応じて自動的にリソースを割り当てる
    • 自動スケーリング!
  • APIを通じてGoogleのサービスが使用可能
    • Googleと同様のバックエンド
  • 実際の使用量に応じて課金
    • 最初は無料で気軽に始められる
  • アプリケーション管理コンソールが利用可能

  やはり、最大の特徴はGoogleが実際に運用しているインフラの上で動き、特に設定することなく、必要に応じて自動的にスケーリングするという点ではないでしょうか。

 直接関係者に聞いた事例では、とある学校法人で例年、教科書の申し込み受付初日に必ずダウンするウェブサービスがあり、Google App Engineにサービスを移行することで、サーバをダウンさせることなく、たったの8セント(支払いはUSドル建て)でシステムダウンを回避することができたそうです。ちなみに、この8セントはメールの送信容量を超えたために発生した料金です。

 無料で利用できる範囲は以下のようになっており(2009年6月15日執筆時点)、これは月間約500万アクセス相当まで、無料で使える価格設定です。

無料の範囲(1日)
リソース 単位
レスポンス 10ギガバイト
リクエスト 10ギガバイト
CPU利用時間 46.3CPU時間
ストレージ 1ギガバイト
電子メール 2,000通
単位当たりの利用料金
リソース 単位 単位当たりの費用
レスポンス 1ギガバイト $0.12
リクエスト 1ギガバイト $0.10
CPU利用時間 1CPU時間 $0.10
ストレージ ギガバイト・日 $0.005
電子メール 1通 $0.0001

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山下 大介(ヤマシタ ダイスケ)

      京都大学を中心とした、産官学共同プロジェクトのSOBAプロジェクトに参加後、同プロジェクトで開発したP2P配信によるVoIP技術を2005年に商業化。オープンソース、VoIP、P2P、クラウドコンピューティングに精通。趣味はGoogleの追っかけ。現在は、株式会社SOBAプロ...

バックナンバー

連載:Google App Engine for Javaを使ってみよう!

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5