CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

今からでも遅くない JMSを学ぼう!(前編)
非同期通信の世界へようこそ

同期的でないと不安である感情から解放されましょう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/04/09 14:00

ダウンロード サンプルコード (2.1 KB)

目次

GlassFish管理コンソールを使っての設定

 [サービス]-[サーバー]と開くと[GlassFish v2.1]が表示されているはずです。表示されていない方は上記連載をもう一度読み返してGlassFishの設定を見直してください。[GlassFish v2.1]を右クリックし[起動]をクリックし、GlassFishを起動させます。

 NetBeansの右下の出力ウィンドウに、図3のような「アプリケーションサーバーの起動は完了しました。」が表示されていれば、GlassFishは正常に起動しています(複雑なプロジェクトの場合、これだけでは必要な機能がきちんと組み込まれて完了したのかの区別はつきませんが、今回のサンプルプログラムではこれだけの確認で十分です)。

図3.GlassFish起動完了画面
図3.GlassFish起動完了画面

 GlassFishが起動した状態で、先述の[GlassFish v2.1]をもう一度右クリックし[管理コンソールを表示]を選択します。ブラウザが起動し(タブブラウザの場合、新しいタブが開き)ます。

 図4のような認証画面が表示されるので、GlassFishセットアップ時に設定した[ユーザー名]と[パスワード]を入力し[ログイン]ボタンをクリックすると、左ペインに図5のような画面が表示されているはずです。

図4.GlassFish管理コンソール認証画面
図4.GlassFish管理コンソール認証画面
図5.GlassFish管理コンソール画面左ペイン
図5.GlassFish管理コンソール画面左ペイン

 [リソース]-[JMSリソース]を開くと[接続ファクトリ]と[送信先リソース]が表示されます。接続ファクトリが当記事のコネクションファクトリに、送信先リソースが当記事のデスティネーションに相当します。

コネクションファクトリ(接続ファクトリ)の設定

 [接続ファクトリ]をクリックすると右ペインに図6のような画面が表示されます。まだコネクションファクトリを作成していないため、ファクトリは何も表示されていません。

図6.コネクションファクトリ一覧画面
図6.コネクションファクトリ一覧画面
図7.コネクションファクトリ設定初期画面

 [新規]ボタンをクリックすると図7のようなコネクションファクトリの設定画面が表示されます。図8が設定後の画面です。[JNDI名]とは後のプログラムでも説明しますが、外部リソースを探し出すため使用されるものです。「jms/SampleConnectionFactory」を指定していますが、「jms/」以降は分かりやすい名称であれば何でも結構です。[リソースタイプ]は選択リストが出てきます。その中の「javax.jms.QueueConnectionFactory」を選択します。

図7.コネクションファクトリ設定初期画面
図8.コネクションファクトリ設定後画面
図8.コネクションファクトリ設定後画面

 これで必須項目の設定は完了しました。業務システムでは[プール設定]の値を調整する必要があります。[了解]ボタンをクリックすると図9のようにコネクションファクトリの一覧画面が表示され、作成したコネクションファクトリのJNDI名「jms/SampleConnectionFactory」が追加されているのが分かります。

図9.設定完了後コネクションファクトリ一覧画面
図9.設定完了後コネクションファクトリ一覧画面

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Java Message Service再入門

著者プロフィール

  • 川久保 智晴(カワクボ トモハル)

    haruプログラミング教室(https://haru-idea.jp/)主宰。 COBOL、FORTRANで13年、Javaを中心としたWeb開発で11年。3つしか言語知らないのかというとそうでもなく、sed/awk、Perl、Python, PHP,  C#, JavaScript...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5