CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

今からでも遅くない W3C XML Schemaを学ぼう!(前編)
難しいという固定観念を取り払う

まずは体験し、なぜ必要かを理解する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/06/28 14:00

ダウンロード サンプルコード (3.9 KB)

目次

W3C XML SchemaでXML文書の妥当性を検証する

 スクラッチから構築するのも大変なので、今回は「今からでも遅くない JAXPを学ぼう!(前編) XPathとXSLTを体験する」を利用し、XML文書がXMLスキーマの妥当性検証で不合格になるようXML文書を修正して、チェックが行われていることを確認します。

 「今からでも遅くない JAXPを学ぼう!(前編) XPathとXSLTを体験する」ではXMLスキーマを定義せず、与えられたXML文書が正しいものとして説明しましたが、今回はXMLスキーマを定義し、扱おうとしているXML文書が妥当か判定することから始めたいと考えています。実は、残念ですがGlassFish2.1はXSLT2.0に対応していません。XSLT2.0になってSchema Aware(「スキーマ対応(スキーマが認識できる)」とでも訳せばいいのでしょうか)のため、XSLTスタイルシートを使用する前にXMLスキーマで妥当性検証を行うことはできません。従って、ここではJAXPでの検証の仕方を説明します。

 要するにXSLT1.0の場合、このようなプログラムを先に走らせることでXSLTスタイルシートを適用すべきか判断できるようになります。ここはあくまでW3C XML Schemaの説明のため、XSLTの使いやすさは度外視します。ちなみにXSLT2.0では<xsl:import-schema schema-location="sample1.xsd" />のように指定することで、XMLスキーマによる妥当性検証が可能となります。

プロジェクトの作成

 NetBeansで[ファイル]-[新規プロジェクト]を選択すると「新規プロジェクト」画面が表示されます。カテゴリの中なら「Java Web」を選択すると、プロジェクトに3つの選択肢が表示され、その中から「Web アプリケーション」を選択します。[次へ]ボタンをクリックすると「新規 Web アプリケーション」画面が表示されます。プロジェクト名は任意ですが、ここでは「XMLSchemaSample1」と入力します。[次へ]ボタンをクリックするとフレームワークを選択する画面が表示されますが、フレームワークは使用しないため[完了]ボタンをクリックしプロジェクトを作成します。NetBeansの左ペインのプロジェクトタブにXMLSchemaSample1が作成されているはずです。index.jspはこれから作成するXML文書の妥当性検証のためのMyXMLValidator.javaというServletへ遷移するためだけのJSPです。サンプルコードで確認してください。

図1.準備のためのフォルダ構成
図1.準備のためのフォルダ構成

Meigara2.xmlのXMLスキーマを定義する

 リスト1は非常に簡単なXML文書です。MEIGARASという最上位要素にMEIGARA要素が0個以上無制限に指定可能です。MEIGARA要素の子要素としてNAME、ABV、VOLUME、PRICE要素があります。これらはすべてMEIGARA要素内で1回のみ指定可能で、必須とします。これをW3C XML Schemaで表したものが、リスト2のsample1.xsdです。

リスト1.Meigara2.xml
001:<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
002:
003:<MEIGARAS>
004:    <MEIGARA>
005:        <NAME>がんご焼酎屋</NAME>
006:        <ABV>25</ABV><!-- alcohol by volume(アルコール度数)の略 -->
007:        <VOLUME>1800</VOLUME>
008:        <PRICE>2630</PRICE>
009:    </MEIGARA>
010:    <MEIGARA>
011:        <NAME>一壺春</NAME>
012:        <ABV>25</ABV>
013:        <VOLUME>720</VOLUME>
014:        <PRICE>1360</PRICE>
015:    </MEIGARA>
016:    <MEIGARA>
017:        <NAME>杜氏潤平紅芋原酒</NAME>
018:        <ABV>38</ABV>
019:        <VOLUME>500</VOLUME>
020:        <PRICE>2050</PRICE>
021:    </MEIGARA>
022:</MEIGARAS>
リスト2.sample1.xsd
001:<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
002:<xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
003:	targetNamespace="http://kawakubo.jp/sample1">
004:	
005:<xs:element name="MEIGARAS">
006:    <xs:complexType>
007:        <xs:sequence minOccurs="0" maxOccurs="unbounded">
008:            <xs:element name="MEIGARA">
009:                <xs:complexType>
010:                    <xs:sequence>
011:                        <xs:element name="NAME" type="xs:string"/>
012:                        <xs:element name="ABV" type="xs:int"/>
013:                        <xs:element name="VOLUME" type="xs:int"/>
014:                        <xs:element name="PRICE" type="xs:int"/>
015:                    </xs:sequence>
016:                </xs:complexType>
017:            </xs:element>
018:        </xs:sequence>
019:    </xs:complexType>
020:</xs:element>
021:
022:</xs:schema>

 「MEIGARASという最上位要素にMEIGARA要素が0個以上無制限に指定可能」が7行目のminOccurs="0" maxOccurs="unbounded">です。NAME、ABV、VOLUME、PRICEは「MEIGARA要素内で1回のみ指定可能で、必須」と説明しましたが、11~14行目でminOccursやmaxOccursを指定していません。これらの指定を省略した場合、それぞれ1を指定することとなり、条件を満たすことになります。それぞれの要素でxs:stringやxs:intを指定し、データ型の指定が可能です。詳しくは後編で説明します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:今からでも遅くない、W3C XML Schemaを学ぼう!

著者プロフィール

  • 川久保 智晴(カワクボ トモハル)

    haruプログラミング教室(https://haru-idea.jp/)主宰。 COBOL、FORTRANで13年、Javaを中心としたWeb開発で11年。3つしか言語知らないのかというとそうでもなく、sed/awk、Perl、Python, PHP, &nbsp;C#, JavaScript...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5