CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

スナップショットアイソレーションとマテリアライズドビュー

原文: Snapshot isolation and materialized views

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/07/08 14:00

目次

マテリアライズドビューとトランザクションログ

 この時点でDBTRANユーティリティを使ってDEMOデータベースのトランザクションログの内容を見ると、次のようになっています。

 13
 14
 15
 16
 17
 18
 19
 20
 21
 22
 23
 24
 25
 26
 27
 28
 29
 30
 31
 32
 33
 34
 35
 36
 37
 38
 39
 40
 41
 42
 43
 44
 45
 46
 47
 48
 49
 50
 51
 52
 53
 54
 55
 56
 57
 58
 59
 60
 61
 62
 63
 64
 65
 66
 67
 68
 69
 70
 71
 72
 73
 74
 75
 76
 77
 78
 79
 80
 81
 82
 83
 84
 85
 86
 87
 88
 89
 90
 91
 92
 93
 94
 95
 96
 97
 98
 99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
--CONNECT-1010-0000975095-DBA-2011-02-02 11:38
--BEGIN TRANSACTION-1010-0000975106
BEGIN TRANSACTION
GO
--SQL-1010-0000975109
BEGIN
  SET TEMPORARY OPTION first_day_of_week = '7';
  SET TEMPORARY OPTION date_order = 'YMD';
  SET TEMPORARY OPTION nearest_century = '50';
  SET TEMPORARY OPTION date_format = 'YYYY-MM-DD';
  SET TEMPORARY OPTION timestamp_format = 'YYYY-MM-DD HH:NN:SS.SSS';
  SET TEMPORARY OPTION time_format = 'HH:NN:SS.SSS';
  SET TEMPORARY OPTION default_timestamp_increment = '1';
  SET TEMPORARY OPTION timestamp_with_time_zone_format = 'YYYY-MM-DD HH:NN:SS.SSS+HH:NN';
  CREATE materialized VIEW groupo.shirt_products( prod_id,prod_name,prod_description,prod_size,prod_color,prod_quantity,prod_unit_price ) 
    AS SELECT products.id,products.name,products.description,products.SIZE,products.color,products.quantity,products.unitprice
      FROM GROUPO.products
      WHERE products.name LIKE '%shirt%';
  SET TEMPORARY OPTION first_day_of_week = ;
  SET TEMPORARY OPTION date_order = ;
  SET TEMPORARY OPTION nearest_century = ;
  SET TEMPORARY OPTION date_format = ;
  SET TEMPORARY OPTION timestamp_format = ;
  SET TEMPORARY OPTION time_format = ;
  SET TEMPORARY OPTION default_timestamp_increment = ;
  SET TEMPORARY OPTION timestamp_with_time_zone_format = ;
END
 
GO
--COMMIT-1010-0000976304
COMMIT WORK
GO
--BEGIN TRANSACTION-1010-0000976307
BEGIN TRANSACTION
GO
--SQL-1010-0000976310
comment TO preserve format ON VIEW groupo.shirt_products IS
  'create materialized view groupo.shirt_products( prod_id, prod_name, prod_description, prod_size, prod_color, prod_quantity, prod_unit_price)
 
as select "id", "name", "description", "size", color, quantity, unitprice 
 
from products
 
where "name" like ''%shirt%'''
GO
--COMMIT-1010-0000976661
COMMIT WORK
GO
--BEGIN TRANSACTION-1010-0000976664
BEGIN TRANSACTION
GO
--SQL-1010-0000976667
CREATE UNIQUE INDEX products ON groupo.shirt_products(prod_id ASC)
GO
--COMMIT-1010-0000976745
COMMIT WORK
GO
--BEGIN TRANSACTION-1010-0000976748
BEGIN TRANSACTION
GO
--SQL-1010-0000976751
ALTER materialized VIEW groupo.shirt_products immediate refresh
GO
--COMMIT-1010-0000976826
COMMIT WORK
GO
--CHECKPOINT-0000-0000976829-2011-02-02 11:39
--BEGIN TRANSACTION-1010-0000976859
BEGIN TRANSACTION
GO
--SQL-1010-0000976862
refresh materialized VIEW groupo.shirt_products
GO
--COMMIT-1010-0000976921
COMMIT WORK
GO
--BEGIN TRANSACTION-1010-0000976924
BEGIN TRANSACTION
GO
--UPDATE-1010-0000977130
UPDATE GROUPO.Products
   SET Description='Modified'
 WHERE ID=300
GO
--UPDATE-1010-0000977152
UPDATE GROUPO.Products
   SET Description='Modified'
 WHERE ID=301
GO
--UPDATE-1010-0000977174
UPDATE GROUPO.Products
   SET Description='Modified'
 WHERE ID=302
GO
--COMMIT-1010-0000977494
COMMIT WORK
GO

 上に示したトランザクションログの内容に関して、指摘しておきたいことがいくつかあります。

  • CREATE MATERIALIZED VIEW文が含まれているバッチ(18~40行目)に注目してください。ここでは、CREATE MATERIALIZED VIEW文の発行に必要だった接続オプションが再設定されています。
  • このトランザクションログでは、REFRESH MATERIALIZED VIEW文が独立した文として記録されています(85行目)。デフォルトでは、REFRESH MATERIALIZED VIEW文はWITH句が指定されていなければWITH SHARE MODEロックを使用します。即時メンテナンス型のビューで使用できるロックモードは、WITH SHARE MODEWITH EXCLUSIVE MODEWITH ISOLATION LEVEL SERIALIZABLEだけです。
  • shirt_productsマテリアライズドビューのローの変更は、トランザクションログには現れていません。このビューは即時メンテナンスされるビューなので、トランザクションログには、UPDATE文によるベーステーブルの変更(93~106行目)だけが記録されていれば十分です。このログがリカバリー処理で再生される場合は、トランザクションログ内の3つのUPDATE文によってマテリアライズドビューへの変更が自動的に呼び出されます。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Glenn Paulley(Glenn Paulley)

    カナダ オンタリオ州 ウォータールー R&DセンターにてSQL Anywhere 開発における Director of Engineering としてクエリ・オプティマイザなどの開発をリードしている。 ・IvanAnywhere

バックナンバー

連載:Glenn Paulley氏 データベース関連ブログ 翻訳記事

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5