CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【Adobe MAX 2011】Flashは死んでしまうのか?

Adobe MAX 2011セッションレポート「The Death of Flash」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/11/01 14:00

目次

新たな解決策「Adobe AIR」

 さて、この状況って少しデジャヴを感じませんか?

 見方によっては、デスクトップはNetscape的な立場であり、急速に普及するモバイルはInternet Explorer的な立場だとすると、デスクトップはこの先、接続数で逆転負けをするわけです。しかし、その勝負はモバイルからの接続がすべてになるわけではありません。

 また、単純に見れば5つのメジャーブラウザと、3つのモバイルOSへの対応が必要になります。現在は第一次ブラウザ戦争の時とは比べものにならないぐらい、多用な環境からインターネットに接続し、サービスやアプリケーションを利用できる状況にあります。モバイル端末に対し、ネイティブアプリケーションを作ろうとすると、その環境に合わせて新たな開発技術を習得する必要も発生します。しかしそうは言っても、iPhoneのアプリを作りたいし、Androidのアプリだって作りたいのです。

 そこへの新たな解決策が「Adobe AIRアプリ」です。Webブラウザ外での実行環境を提供するFlashベースの技術で、デスクトップPCやスマートフォンといった、さまざまな環境にアプリケーションを提供可能にします。

 Adobe AIRはすでにiOSアプリを生成することもできますし、BlackBerry、Androidへの対応もできています。これはプロジェクトを作る際のダイアログでチェックボックスにチェックを入れるだけです(もちろん、環境ごとのテストや、画面サイズを考慮してCSSを分けて作ったりと、他にも考えるべきことはたくさんありますが、それはまた別のレポートで…)。

 実際にDigitas社から、iPad、Androidタブレットで遊べるエアホッケーのようなゲーム「AIR OK」がリリースされています。App Store、Android Marketの両方からダウンロードできます。タイトルもシャレが効いててオモシロイですね。

形を変えて進化し続けるFlashテクノロジー

 結局、「Flashの死」とはなんだったのでしょうか? 確かに、iPhoneの登場により、Flash Playerだけを意識してアプリを作れば良い時代は終わりました。しかし、Flashプラットフォームとしてみた場合、それはランタイムの配布、Packagerとしてアプリと一緒に配布したり、さまざまな形でFlashテクノロジーは生き続けることになります。

 もしかすると、「The Death of Flash」とは、Flashテクノロジーの更なる発展の始まりなのかもしれません。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:「Adobe MAX 2011」イベントレポート

著者プロフィール

  • 嵩原 將志(タケハラ マサシ)

    クラスメソッド株式会社 技術部所属。 プロジェクトマネジメント、アジャイル(スクラム)、UXデザイン、RIA、ビジネスアナリシスに強い関心を持つマーケター。Flex User Group、DevLOVE といったコミュニティ運営の支援も行っている。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5