CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

タブページを使ってウィザードを作成する

「PlusPak for Windows Forms 6.0J」のGcTabControlコントロールを使った.NETアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/09/27 14:00
目次

GcTabControlコントロール

 GcTabControlコントロールは、標準のTabControlコントロールを拡張した、複数のページを持つことができるタブコントロールです。24種類の豊富なスタイル、スタイルを拡張するスキン機能、縦書きや均等割付、立体表示に対応したキャプション機能、枠線の色の変更や背景へのグラデーション、模様の設定など、多くの外観設定機能を装備しており、デザイン性の高いUIを作ることができます。

 また、ドラッグ&ドロップによるタブの並び替えや設定内容の保存と読み込みなど、設計を支援する機能も持ったコントロールです。

スタイルの種類

 GcTabControlコントロールは、16種類のスタイルと8種類のフラットスタイルを合わせた、合計24種類のプリセットスタイルから任意のスタイルを選んで設定できます。タブのスタイルはAppearanceプロパティで設定します。また、フラットスタイルに切り替えるかどうかはFlatプロパティで設定します。

利用可能なプリセットスタイル(ヘルプファイルより抜粋)
利用可能なプリセットスタイル(ヘルプファイルより抜粋)

 フラットスタイルを使用した場合に、コントロールを形成する枠線の色を指定することもできます。枠線の色はOutLineColorプロパティで設定します。

枠線の形状と色の違い(ヘルプファイルより抜粋)
枠線の形状と色の違い(ヘルプファイルより抜粋)

ホットトラック

 ホットトラックは、タブ上にマウスカーソルが移動したとき、タブの外観を変化させる機能で、さまざまな外観設定と同じ項目(背景色、文字色、フォント、文字の水平方向の配置、垂直方向の配置、イメージ画像の配置、複数行表示、省略文字、模様、グラデーション、マージン、タブのサイズ)を自由に設定することで、ユーザーに現在選択しているタブを分かりやすく表示します。

 ホットトラックを有効にするためには、HotTrackプロパティをTrueに設定します。

ホットトラック機能とハイライト表示(ヘルプファイルより抜粋)
ホットトラック機能とハイライト表示(ヘルプファイルより抜粋)

スキン機能

 スキン機能は、既存スタイル以外に開発者自身が自由にタブを描き、コントロールに適用できるタブスタイルの拡張機能です。

 スキン機能はオーナー描画と違い、作成したスタイルをスキンオブジェクトとして管理でき、プロパティ設定により適用できます。そのため、複数コントロール間での再利用や、エンドユーザーの操作に合せたスタイルの切り替えなど容易に行える利点があります。

 スキンには次のような種類があります。

  • ButtonsSkin
  • ClassicSkin
  • ExcelSkin
  • ImageSkin
  • MdiChildSkin
  • Skin
  • StandardSkin
  • SystemSkin
  • VS2005Skin

StandardSkin(スタンダードスキン)

 スタンダードスキンは、タブの両角に丸みをつけるか、またはカットした描画にするかを選択できる機能を含んでいます。また、これらの丸み、およびカットの具合を自由に調整することもできます。

 両角のスタイルはStandardSkin.CornerStyleプロパティで設定します。

 また、角の丸みやカットの大きさはStandardSkin.CornerSizeプロパティで調節します。StandardSkin.CornerSizeプロパティは、値が大きい場合に丸み、およびカットの大きい描画になります。

タブの両角のスタイル(ヘルプファイルより抜粋)
タブの両角のスタイル(ヘルプファイルより抜粋)

ButtonsSkin(ボタンスキン)

 ボタンスキンは、プリセットのスタイルでButtonsSkin.ButtonsSkinStyleプロパティで設定します。スタイルは、次のような種類があります。

ボタンスキンの種類(ヘルプファイルより抜粋)
ボタンスキンの種類(ヘルプファイルより抜粋)

ImageSkin(イメージスキン)

 イメージスキンを使用すると、タブコントロールの描画を画像により形成できるようになります。次のサンプルイメージは、タブ、ナビゲーター、タブページの境界線に画像を用いて描画しています。

イメージスキン(ヘルプファイルより抜粋)
イメージスキン(ヘルプファイルより抜粋)

 もちろん、各種スキンオブジェクトが持つ描画メソッドをオーバーライドして、一つ一つの部位を描画し、スタイルを作成することも可能です。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(PlusPak)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5