SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Windows Azureを始めてみよう(PR)

Microsoft Azureでのモバイルアプリ開発、ことはじめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Xamarinによるサンプルアプリケーションの実行手順

 以下では、モバイルサービスで公開されているXamarin対応アプリケーションの実行手順を紹介します。

モバイルサービスの作成

[1]モバイルサービスの新規作成

 Microsoft Azure管理ポータルから、[新規]-[コンピューティング]-[モバイルサービス]-[作成]を選択します。

図1:モバイルサービスの新規作成
図1:モバイルサービスの新規作成

 [モバイルサービスの作成]画面で、以下の項目を入力して[→]ボタンを押下します。

  • [URL]欄:任意URLを設定。サンプルでは「mobilesample201402」とした
  • [データベース]欄:新規もしくは既存のSQL Databaseを利用するかを選択する。サブスクリプションで1つもモバイルサービスを作成していない場合には、[無料の20MB SQLデータベースの作成]が選択可能
  • [サブスクリプション]欄:利用するサブスクリプションを選択。複数サブスクリプション保持している場合にのみ表示される
  • [リージョン]欄:モバイルサービスをデプロイするリージョンを選択。現在は4か所(米国西部、米国東部、北ヨーロッパ、東アジア)から選択可能
図2:モバイルサービスの新規作成(データベースの選択)
図2:モバイルサービスの新規作成(データベースの選択)
図3:モバイルサービスの新規作成(リージョンの選択)
図3:モバイルサービスの新規作成(リージョンの選択)

 次の[データベースの設定の指定]画面で、以下を入力し、チェックボタンを押下して、図6のように新規にモバイルサービスが作成できていることを確認します。

  • [名前]欄:任意の名前を設定。既定では、「<前の画面で指定したURL>_db」が指定される
  • [サーバー]欄:新規もしくは既存のSQL Databaseを利用するかを選択する。SQL Databaseが1つもない場合には、[新しいSQLデータベースサーバー]を選択する
  • [サーバーログイン名]欄:[新しいSQLデータベースサーバー]を選択した場合のみ表示される項目。SQL Databaseの管理者ログイン名を設定
  • [サーバーログインパスワード]欄:[新しいSQLデータベースサーバー]を選択した場合のみ表示される項目。SQL Databaseの管理者ログインパスワードを設定
  • [リージョン]欄:[新しいSQLデータベースサーバー]を選択した場合のみ表示される項目。SQL Databaseをデプロイするリージョンを選択。基本的には、モバイルサービスと同一リージョンを選択することで遅延を抑えることが可能
  • [データベースの詳細設定を構成します]チェックボックス:SQL Databaseの照合順序の選択が可能
図4:モバイルサービスの新規作成(データベースの設定の指定)
図4:モバイルサービスの新規作成(データベースの設定の指定)
図5:モバイルサービスの新規作成(SQL Databaseの照合順序の指定)
図5:モバイルサービスの新規作成(SQL Databaseの照合順序の指定)
図6:モバイルサービスの新規作成完了
図6:モバイルサービスの新規作成完了

[2]Xamarinのダウンロード

 手順1で作成したモバイルサービスを選択すると、クイックスタート画面が表示されます。プラットフォームの選択から、[Xamarin]を選択すると、図7のような画面に切り替わります。

図7:プラットフォームの選択(Xamarin指定時)
図7:プラットフォームの選択(Xamarin指定時)

 [1.ツールを入手する]-[WindowsまたはOS X向けXamarinのインストール]リンクをクリックすると、Xamarinの公式サイトへ遷移しますので、入力必須項目を入力して、[Download Xamarin for Windows]ボタンを押下して、Xamarinのインストーラをダウンロードします。

[3]Xamarinのインストール

 手順2でダウンロードした「XamarinInstaller.exe」をダブルクリックし、起動したインストーラに従って、必要なコンポーネントをインストールします。今回のサンプルではXamarin StusioでAndroid向けアプリケーションを実行するので、[Product selection]画面では、[Xamarin.Android for Visual Studio and Xamarin Studio]だけ選択していれば十分ですが、iOS向けアプリケーションを開発したい場合には、図8のように[Xamarin.iOS for Visual Studio]も選択してください。

図8:インストールアプリケーションの選択
図8:インストールアプリケーションの選択
図9:インストールアプリケーション一覧
図9:インストールアプリケーション一覧

 インストールが完了すると、図10の画面が表示されます。

図10:Xamarinのインストール完了
図10:Xamarinのインストール完了

次のページ

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Azureを始めてみよう連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト 安東 沙織(アンドウ サオリ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/7682 2014/06/30 15:37

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング