Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

エンタープライズにも響くクラウド活用事例が聞ける!
IBM「Open Cloud Summit Japan」の見どころ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/03/31 12:00

 日本アイ・ビー・エムは、4月16日にグランドハイアット東京にて「Open Cloud Summit Japan」を開催する。同イベントでは、今年2月に米国ラスベガスで開催された米IBMのイベント「Pulse 2014」のエッセンスを維持しながら、開発者視点で、オープンクラウド環境でのサービス開発、ビジネス開発の最新トレンドを紹介するという。Open Cloud Summit Japanの詳細と見どころを、日本アイ・ビー・エム株式会社 スマーター・クラウド事業統括理事 クラウド・マイスター 紫関昭光氏に、最先端のクラウド開発プラットフォームと併せて聞いた。

目次
日本アイ・ビー・エム株式会社 スマーター・クラウド事業統括
理事 クラウド・マイスター 紫関昭光氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 スマーター・クラウド事業統括理事<br />クラウド・マイスター 紫関昭光氏

満席のため、本イベントへの参加申し込みはすでに締め切りとなっていますが、セッションは当日のライブ配信で視聴できます。こちらからぜひご覧ください。

欧米で主流となるクラウド開発のスタイル

 クラウド上に展開されたオープンスタンダードのリソース、サービスAPIを組み合わせて業務アプリケーションやエンドユーザーサービスをスピード感をもって構築するというスタイルが、近年、米国西海岸を中心に急速に広まっている。しかし、このスタイルは、「Box」や「Twilio」のような成功したスタートアップの事例などで語られることが多いためか、ベンチャー企業やスタートアップ向けのアプローチという捉えられ方に偏っているかもしれない。

 要は、ソフトウェアの開発を、クラウド上のサービスコンポーネントやAPIを積極的に利用する(組み合わせる)ことで、アプリケーションをアジャイル的に素早く開発し、リリースするという手法である。そのアプリケーションはクラウド上で実行されるため、ソフトウェアのリリースは、サーバーへのデプロイ作業となる。その結果、ソフトウェアのリリース(デプロイ)サイクルが大幅に短縮されるというわけだ。このような開発スタイルは「DevOps」と呼ばれることもある。

 Open Cloud Summit Japanでは、IBMが提供するオープンなクラウド基盤とその上に構築される次世代型のサービス開発基盤とはどのようなものか、また何ができるのかを、日本のエンジニアにも実感・体感してもらいたいという。

5分でサービス開発をスタートできるオープンクラウドプラットフォーム

 そもそも、IBMがコミットしているオープンクラウドとはどのようなものか。その点について、紫関氏は次のように説明してくれた。

 まず、現在のビジネスにおいてスピードは命である。製品やサービスを素早く市場に提供することは企業の競争力に直結するため、ソフトウェアやサービスの開発は従来のように数か月という単位で時間をかけることはできない。短時間での開発には、クラウド上のコンポーネントを組み合わせてサービスやシステムを構築する仕組みが必要となる。しかも、機能には多様性が求められるため、クラウドはオープンなものでさまざまなベンダーのコンポーネントが自由に使えなければならない。これには、クラウドが標準化されている必要がある。

 IBMが推進するオープンクラウドは IaaS(Infrastructure as a Service)に「OpenStack」を使うことでAPI、CPU、ストレージ、ネットワークなどを標準化している。パブリッククラウドでは同社が昨年7月に買収した「SoftLayer」を活用し、その上にOpenStackを実装している。OSや開発環境、データベース、システムアプリケーション、ミドルウェアなどのPaaS(Platform as a Service)には、「OASIS TOSCA」という国際標準化団体によるオープンスタンダードと、「Cloud Foundry」というオープンソースプロジェクトをベースにしたクラウドサービスが実装される。

 その上のSaaS(Software as a Service)には、サードパーティーやパートナー企業によるクラウドAPI群が展開される。これらがアプリケーションのコンポーネントにもなり、APIエコノミーの実体でもある。

IBM Open Cloudアーキテクチャー
IBM Open Cloudアーキテクチャー
IBM Open Cloudの実装例
IBM Open Cloudの実装例

 サービスプロバイダーや開発ベンダーなどは、このクラウド基盤の上で、開発リソース、サーバーを調達し、各種APIやサービスコンポーネントを組み合わせることで、さまざまなアプリケーションを開発し、サービスを構築できる。すべてが標準化されたオープンなプラットフォームであるため、特定ベンダーの機能やサービスにロックインされることはない。このプラットフォームで開発したサービスを、APIとして同じプラットフォーム上にサービスを提供するビジネスをしてもよい。これも、オープンであり標準化されたクラウドだから可能となる。

 なお、現在ベータ版となっているIBMのクラウドサービス「BlueMix」は、SoftLayer上にOpenStack、その上にCloud Foundryを載せて実装したPaaSサービスをいう。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 中尾 真二(ナカオ シンジ)

    フリーランスのライター、エディター。 アスキーの書籍編集から始まり、翻訳や執筆、取材などを紙、ウェブを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは当時は言わなかったが)はUUCPの頃から使っている。

バックナンバー

連載:キーパーソンインタビュー

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5