Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Azureのアップデート:Webサイト、仮想マシン、Mobile Services、通知ハブ、ストレージ、VNets、スケジューラ、AutoScaleなど

連載:ScottGu's Blog翻訳

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/04/25 14:00

 本稿は、Scott Guthrie氏のブログを、氏の許可を得て、翻訳、転載したものです。米Microsoft社の副社長で、ASP.NETやSilverlightの開発チームを統率する氏のブログでは、次期製品を含む最新の技術をいち早く紹介しています。

目次

 原典:Azure Updates: Web Sites, VMs, Mobile Services, Notification Hubs, Storage, VNets, Scheduler, AutoScale and More

Azureのアップデート:Webサイト、仮想マシン、Mobile Services、通知ハブ、ストレージ、VNets、スケジューラ、AutoScaleなど

 ここ10日間はAzureチームにとって非常に忙しい日々でした。今回のブログでは、以下のような、最近行った重要な機能強化について簡単にまとめていきます。

  • Webサイト:SSL対応、Traffic Manager、Javaサポート、基本層
  • 仮想マシン:ChefおよびPuppet拡張のサポート、コンピュートインスタンスの基本料金層
  • 仮想ネットワーク:DynamicRouting VPNゲートウェイおよびPoint-to-Site VPNの一般公開
  • Mobile Services:.NETのプレビューのVisual Studioサポート、Azure Active Directory統合とオフラインサポート
  • 通知ハブ:Kindle FireデバイスとVisual Studioサーバーエクスプローラ統合のサポート
  • Autoscale:一般公開
  • ストレージ:Read Access Geo Redundant Storageの一般公開
  • Active Directoryプレミアム:一般公開
  • スケジューラサービス:一般公開
  • Automation:新しいAzure Automationサービスのプレビューリリース

 上記の新機能はすべて現在使用可能です(注:まだプレビューのものもあります)。以下はその詳細になります。

Webサイト:標準層で追加料金なしのSSL対応

 Azure Webサイトだと、1つの標準層ホスティングプランで500までサイトをホストすることができます。Azure Webサイトは、あなたのWebアプリケーションだけをホストするために隔離されたVM上で実行され(これにより、予測可能なパフォーマンスとセキュリティの分離が実現されます)、VMの数を手動またはビルトインのAutoScale機能を使用して拡大・縮小することができます。標準層のWebサイトに対する価格設定は、実行しているVMの数がベースになるため、1つのVMで500すべてのWebサイトをホストする場合、その一つのVMに対して支払が発生し、Webサイトプランを2つのVMにスケールアップした場合、その2つのVMに対して支払が発生するといった形です。

 サイトに対してSSLを有効にしたい場合、先月まで追加料金を請求していました。今月から、各標準層のWebサイトホスティングプランで、追加料金なしで5つのSNIベースのSSL証明書と1つのIPベースのSSL証明書が使用できるようになりました。これにより、さらに簡単(かつ安価)にSSLをWebサイトで有効にできるようになります。

Webサイト:Traffic Managerサポート

 AzureにビルトインされたTraffic Managerサービスについて、以前ブログ投稿しました。

 Azure Traffic Managerサービスにより、Azureでホストしているアプリケーションへのユーザートラフィック分布を制御できます。これにより、世界中のさまざまなAzure地域で、アプリケーションのインスタンスを実行できます。Traffic Managerは、ドメイン名上のドメインネームサービス(DNS)クエリに、インテリジェントルーティングポリシーエンジンを適用することで動作し、アプリケーションの適切なインスタンスへDNSルートをマップします(つまり、アプリの欧州インスタンスへ欧州のお客様を、米国インスタンスへ北米のお客様を設定できます)。

 いずれかのアプリケーションインスタンスに問題が発生した場合に、Traffic Managerを使用して自動的にトラフィックフェイルオーバーシナリオを有効にすることで、アプリケーションの可用性を向上させることができます。また、一番近いアプリケーションインスタンスにお客様を自動的にルーティングさせることでアプリケーションの可用性を向上させる場合にもTraffic Managerを使用することができます。

 Azure WebサイトでTraffic Managerが一般公開できるようになり大変うれしく思います。これにより、Webサイトのパフォーマンスおよび可用性のどちらも向上させることができます。この新しいサポートを利用する方法の詳細については、ここからご確認いただけます。

Webサイト:Javaサポート

 今回、Azure Webサイトに対して新たにサーバー言語(Java)のサポートを追加しました。これにより、以下のようなさまざまなフレームワークやコンテナを使用して書かれたJava Webアプリケーションのデプロイおよび実行が簡単になりました。

  • Java 1.7.0_51 - デフォルトJavaランタイムサポート
  • Tomcat 7.0.50 - デフォルトJavaコンテナ
  • Jetty 9.1.0

 どのJavaランタイムを使用するのか、またAzure管理ポータルおよび管理APIを使用してどのコンテナでアプリケーションをホストするのかを管理できます。このブログ投稿に新しいサポートやオプションの詳細が書かれています。

 今回の発表により、Azure Webサイトでは、.NET、PHP、Node.js、Python、Javaを使用したWebアプリケーションおよびサイトの構築で、ファーストクラスサポートが提供されることになります。これにより、アプリケーション構築に、さまざまな言語やフレームワークが使用でき、Webサイトが提供する素晴らしい機能(簡単デプロイメント、継続デプロイメント、AutoScale、ステージングサポート、Traffic Manager、 Outside-inモニタリング、バックアップなど)がすべて利用できるようになります。

Webサイト:ワイルドカードDNSとSSL証明書のサポート

 Azure Webサイトでは、WebサイトにワイルドカードDNSとSSL証明書をマップできるようになりました。これにより、ワイルドカードのバニティドメイン(すなわち、*.myapp.com、例えば、scottgu.myapp.comなど)を1つのバックエンドWebサイトへマップする機能など、さまざまなシナリオが可能になります。特に、SaaSベースのシナリオでは便利です。

 Scott Cate氏は、このサポートを簡単に設定する方法をウォークスルーした素晴らしいビデオを提供しています。

Webサイト:新しい基本層の価格設定オプション

 先ほど、各標準層のAzure Webサイトホスティングプランで、追加費用なく、5つのSNIベースと1つのIPベースのSSL証明書が使用できるようになったことをお話ししました。また、同じく各標準層のAzure Webサイトホスティングプランの一部として、AutoScale、Traffic Manager、バックアップ、ステージング、Webジョブなどの機能が追加費用なく含まれてくることも、以前公表しました。これらの機能を組み合わせることにより、Webアプリケーションを安全にホストし、実行する非常に魅力的な方法が提供できると思っています。

新しい基本層の価格設定オプション

 今月から、これらの追加機能の一部を使用しない代わり、25%オフの価格でWebアプリケーションが実行できる新しい“基本層”オプションもAzure Webサイトに導入します。この基本層は、小規模またはあまり洗練されていないWebアプリケーションにとっては十分であり、費用を抑えて成功することが可能になると思います。

 基本層の価格設定についての詳細は、Azure Webサイトの価格設定ページでご確認ください。Azure管理ポータルのWebサイト拡張のScaleタブをクリックすれば、Webサイトホスティングプランで使用する層を選択できます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト Chica(チカ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Scott Guthrie氏 Blog翻訳

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5