Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

SwiftからObjective-Cを利用する

Objecive-CユーザーのためのSwift入門 第6回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/12 14:00

 本連載では、Objective-Cの基本的なプログラムが出来る読者を対象に、Swiftを使ってアプリを開発する際の基本的な事柄を解説します。Objective-CもSwiftもC言語を母体としたプログラム言語なので両者に共通する概念は非常に多いです。Objective-CとSwiftとの最低限度の違いを踏まえつつ、Swiftでのアプリ開発にシフトして行けるような内容を、サンプルを交えながら解説します。今回はSwiftからObjective-Cを呼び出す方法の基本について解説します。

目次

はじめに

 前回までにSwiftによるiOSアプリの基本的な開発手法について説明しました。連載第6回からはSwiftからObjective-Cを呼び出す、Objective-Cで作成されたライブラリを利用する方法について説明します。

 対象読者をObjective-Cが分かる方としている関係上、Objective-C自体の言語仕様やXcodeの使い方については解説を割愛する場合があることをご了承ください。同様にSwift自体の説明も必ずしも十分でない場合があります。そのような場合は末尾の参考文献等を参照してください。

対象読者

 本記事は、次の方を対象にしています。

  • Objective-Cの基本的なプログラムが出来る方
  • Xcodeを使える方

SwiftからのObjective-Cの利用

 SwiftはもともとObjective-Cを利用できるように設計されています。そのため、これまでObjective-Cで開発したプログラムを、Swiftで作成する場合にも利用できます。バージョンアップのためにSwiftでアプリを作り直す場合でも、すべてをSwiftで書き直す必要はありません。

Objective-Cのファイルを配置する

 SwiftからObjective-Cで作成したプログラムを利用するためには、プロジェクト内にObjective-Cのソースコードを配置する必要があります。配置の方法には次の2通りがあります。

  • 1)他のプロジェクトで作成したObjective-CのファイルをXcode上でドラッグ&ドロップする
  • 2)[File]‐[New]から新規にObjective-Cのクラスを作成する

 2)の場合は、ファイル作成時にLanguageの選択をObjective-Cにします。

Objective-Cのファイル作成
Objective-Cのファイル作成

Objective-CのファイルをSwiftから呼び出せるようにする

 前項のどちらの方法でも、プロジェクト内にObjective-Cのファイルを配置する際には、Xcodeから次のようなアラートが出ます。

Objective-Cのファイルを配置する際のアラート
Objective-Cのファイルを配置する際のアラート

 このアラートは、SwiftからObjective-Cを参照するために必要なObjective-C Bridging Headerファイルを作成するか否かの確認です。「yes」を選択すると自動的に[プロジェクト名]-Bridging-Header.hという名前のファイルが生成されます。生成されたObjective-C Bridging Headerファイル内で、利用したいObjective-Cのヘッダファイルをインポートします。連載第3回で作成したObjective-CのCatクラスを利用する場合は、次のようにヘッダファイルのCat.hをインポートします。

リスト1 ヘッダファイルのインポート(Sample-Bridging-Header.h)
//
//  Use this file to import your target's public headers that you would like to expose to Swift.
//
#import "Cat.h"

 Objective-C Bridging Headerファイルの名前は、Xcodeのアプリの設定であるBuild Setting内の項目に次のように入ります。

Build Setting内のObjective-C Bridging Header設定
Build Setting内のObjective-C Bindig Header設定

 Xcodeのアラートから「yes」を選択してファイルを作成した場合には、自動的にこの項目にファイル名が入ります。それ以外に自分でObjective-C Bridging Headerファイルを作成する場合には、Build Setting内の項目にもファイル名を記入します。

SwiftからObjective-Cのクラスを呼び出す

 前項までの設定が完了すると、SwiftからObjective-Cのクラスを呼び出せます。Objective-CのCatクラスを呼び出す例は次のようになります。

リスト2 Objective-Cのクラスを呼び出す例(ViewController.swift抜粋)
// Catクラスの初期化処理
var cat = Cat();
// プロパティに値を指定
cat.name = "むく"
cat.age = 1

 Swift内でObjective-Cのクラスを利用する際にも、初期化処理の後にプロパティの指定やメソッドの実行という順序は変わりません。ただ連載第3回で説明した通り、メソッドの呼び出し方や初期化処理の際のinit~メソッドに関しては、Swift式に記述することになります。その点にさえ留意すれば、Objective-Cでのアプリ開発と同様にObjective-Cの資源を利用することができます。次節よりObjective-Cのライブラリを用いて具体的にこれらの事柄について説明します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 片渕 彼富(カタフチ カノトミ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2017年5月時点での登録メンバは52名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Objective-CユーザーのためのSwift入門
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5