Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

5分でわかるActiveReports帳票-Mapコントロール

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(5)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

都道府県の白地図を表示する

 レポート上にある特定の都道府県の地図を表示するには、前章で説明したように「タイルレイヤー」にGoogleマップを表示する方法があります。しかし、この方法では画像として地図が表示されるため、地図上に人口や売上などの分析データを重ねて表示したい場合には不向きと言えます。

 ここでは、レポート上に宮城県の白地図を表示する方法として、「多角形レイヤー」にシェープファイルを読み込む手順を説明します。

シェープファイルとは

 シェープファイル(.shp)は、GIS(Geographic Information System、地理情報システム)のデファクトスタンダードといえるファイル形式です。シェープファイルには、以下の情報が含まれます。

1) 空間データ

  • ポリゴン(都道府県、市町村などの区域情報)
  • ライン(道路、線路などの線情報)
  • ポイント(都市、名所旧跡などの位置情報)

2) 属性データ

  • 名称(市町村名、店舗名など)
  • 数値(人口、売上など)

 付属のサンプルでは、国土地理院のサイトで公開されているシェープファイルを加工したものを使用しています。

空間データの表示

 はじめに、シェープファイルの空間データ(宮城県の市町村の区域情報)を表示します。付属のサンプルは、「02_シェープファイル(空間データ)の表示.rdlx」をご参照ください。

 前述のGoogleマップの表示と同様、[レイヤーペイン]からレイヤーを追加します。[レイヤーペイン]上で右クリックして[多角形レイヤーの追加]を選択すると、[Mapレイヤーデータ]ダイアログが表示されます。

[Mapレイヤーデータ]ダイアログ
[Mapレイヤーデータ]ダイアログ

 [全般]ページで[レポートに埋め込まれたデータ]を選択した状態で、[ファイルの選択]をクリックします。[ファイルを開く]ダイアログでシェープファイル(.shp)を選択します。また、このとき、[ファイルを開く]ダイアログの右端にある[マップの解像度]を指定します。これは、地図データの描画品質を設定するものです。高解像度の地図データを利用するには、[マップの解像度]スライダーを[最高品質]に設定します。

シェープファイルを開く
シェープファイルを開く

 シェープファイルを読み込むと、Mapコントロールに宮城県の各市町村の空間データ(ポリゴン)が表示されます。

空間データの表示
空間データの表示

出典

 本地図データは、国土地理院ホームページ - 地球地図日本のデータをもとに、グレープシティ株式会社が作成しました。   

属性データの表示

 次に、シェープファイルに含まれる属性データ(市町村名)を表示します。付属のサンプルは、「03_シェープファイル(属性データ)の表示.rdlx」をご参照ください。

 [レイヤーペイン]上で[PolygonLayer1](「空間データの表示」で追加したレイヤー)を右クリックし[編集]を選択すると、[Map多角形レイヤー]ダイアログが表示されます。

属性データの表示
属性データの表示

 [全般]ページの[ラベルのテキスト]コンボボックスを開き、属性データを設定します。ここでは、「#laa」を選択し、市町村名(ローマ字表記)を表示します。

市町村名(ローマ字表記)の表示
市町村名(ローマ字表記)の表示

 なお、[ラベルの表示]を[True]にするとすべての市町村名が表示されますが、ここでは、表示が重なるのを避けるために[Auto]に設定しておきます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5