Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • リチャード 伊真岡(マーベリック株式会社)(リチャード イマオカ)

     大学卒業後、9年間証券会社にてプログラマ兼技術サポートとして勤務。

     Scala/JavaのOSSであるakkaへの貢献をきっかけにScalaに興味を持ち、Scalaサーバーサイドエンジニアとしてオンライン決済会社へ入社。

     その後別の会社のScalaサーバーサイドエンジニアを経るが、Scalaを広く啓蒙したいという思いが強くなり、現職のマーベリック株式会社に技術広報担当として入社。

     現在は、社内の技術向上と社外へのイベント登壇などを主に行う。

執筆記事

  • 2019/11/29

    非同期処理の基本とアクターモデルが解決する課題とは

     はじめまして、マーベリック株式会社のリチャード 伊真岡です。この連載では非同期処理に役立つアクターモデルを学ぶため、JavaとScalaから使えるOSSであり、アクターモデルの実装を提供するAkkaを紹介します。連載の前半では非同期処理とActorの基礎的な部分を、後半では非同期処理から分散システムへと話を進めていきます。分散システムは現代のシステム構築において重要性を増しているので、Akkaが非同期処理のツールから始まって、どんな分散システムのアーキテクチャーのパターンを可能にしてくれるのか...

1件中1~1件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5