Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Xuni」のXamarin.Forms向けコントロールセットを使ってデータを可視化してみた

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/06/01 14:00

 Xuni(ズーニー)は、Xamarin.Forms向けのさまざまなコントロールを提供するライブラリです。Xamarin.Formsは標準で用意されるコントロールが少ないため、Xamarin.AndroidやXamarin.iOSを利用して独自のコントロールを作成するシーンが多いですが、Xuniが提供するコントロールを使うと、独自のコントロールを作成することなく、豊富な機能を持ったAndroid・iOS両対応アプリケーションを開発することができます。今回は、気象庁が提供する気象データを、Xuniに含まれるコントロールの一つ「FlexGrid」を使って、さまざまな方法で可視化してみました。

目次

必要な環境

Windowsの場合

  • Windows 7以上
  • Visual Studio 2015またはVisual Studio 2017
  • Xamarin

macOSの場合

  • OS X Mountain Lion以上
  • Xamarin StudioまたはVisual Studio for Mac

 筆者の環境の都合上、本記事ではmacOS SierraとXamarin Studio 6.3を使用して解説します。

Xuniとは

 「Xuni(ズーニー)」は、モバイルアプリケーション向けのコントロールセットで、チャート、ゲージ、グリッド、カレンダーなどの高機能なコントロールが含まれます。

 今回紹介するのは、Xamarin.Forms向けのライブラリですが、Xuniは他にも次のようなプラットフォームに対応しています。

Xamarin、Xamarin.Formsとは

 今更説明は不要と思いますが、Xamarinとは、Android・iOS・Windowsなど向けのアプリケーションを共通の言語(C#やF#)で開発できるクロスプラットフォーム開発ツールです。

 AndroidのAPIをC#から呼び出せるようにした「Xamarin.Android」、同じくiOSのAPIをC#から呼び出せるようにした「Xamarin.iOS」を中心に、.NETの技術を利用してクロスプラットフォームアプリケーションを開発するためのライブラリや各種ツールキットを提供しています。

 Xamarin.Formsは、XAMLやデータバインディングなどの技術を活用して、画面もクロスプラットフォームで共通化できるフレームワークです。

 プラットフォーム固有の機能をフルに活用したアプリの開発には向きませんが、Android・iOSに加え Universal Windows Platform(UWP)やmacOSにも対応が始まっており、Xamarinの中でも最も注目度の高い要素になっています。

Xuniのインストール

 XuniはNuGetパッケージマネージャからインストールしますが、NuGetパッケージ公開情報に説明があるように、日本語版のパッケージは http://nuget.c1.grapecity.com/nuget/ から提供されており、Visual StudioまたはXamarin StudioのNuGetパッケージマネージャのソースに、このURLを追加する必要があります。

 一方、グレープシティのサイトからXuniのトライアル版をダウンロードすることができます(要ユーザー登録)。

 このトライアル版には、全てのプラットフォーム向けのサンプルプログラムが含まれているので、まずはこちらをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

 macOSでは、インストールすると「書類」のディレクトリの中に「XuniJp」というディレクトリが作成され、各プラットフォーム向けのサンプルプログラムが格納されます。Xamarin.Forms向けはXamarin/Fomrsの中です。

図1 macOSにインストールされたXuniのサンプルプログラム群
図1 macOSにインストールされたXuniのサンプルプログラム群

 Xamarin/NugetPackagesディレクトリには、このサンプルが動作可能なNuGetパッケージ群が格納されています。オンラインのNuGetパッケージで正常に動作しないようであれば、このディレクトリをNuGetのソースに設定するとよいでしょう。図2はXamarin StudioでこのディレクトリをNuGetソースに設定した画面です。

図2 Xamarin StudioでのNuGetソース設定画面
図2 Xamarin StudioでのNuGetソース設定画面

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 奥山 裕紳(オクヤマ ヒロノブ)

     Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies  ネットやコミュニティでは amay077(あめい) という名前で活動しています。  XamarinやC#ネタをブログに投稿したり、勉強会で発表したりしています。  愛知...

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(Xuni)
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5