CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

半田付け不要?!縫い付けて使うArduinoで激iLLな音で光るニット帽作ってみた!

IoT Starter Studio 第23回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

最終ステップ、グルーガンで導電糸を保護っていこう

 最後に導電糸を固定&ショート対策を含めグルーガンでしっかり各配線を保護っていきます。汗をかいたりして、思いがけないショートや故障を防ぐために裏表きちんとやっていきます。

ニット帽の後ろ側
ニット帽の後ろ側
ニット帽の前側
ニット帽の前側
NeoPixel(LED)の部分
NeoPixel(LED)の部分

 しっかりグルーガンで導電糸を保護れたらリチウムイオンバッテリーを接続します。

 リチウムイオンバッテリーは両面テープなどで固定しておきましょう。

 次に電飾の部分を完成させます。

 この写真のように紙にプリントした自分が好きなデザインの紙の前の方をスティックのりなどを塗り透明のプラスチック板で被せます。

 次に仕上がったロゴの部分をNeoPixel(LED)がついた白いプラスチック板にグルーガンで固定し、飾りなどをつけたら〜できあがりです★いえーい!!

スイッチONしてHANG★OUT

 光るアイテムがあると写真写りも盛れるしやっぱバイブス上がる!

 ちなみに今回使ったマイコンLilyPadは使い方によって洗濯可能らしい!

 Lilypadを直接洗濯できるというわけではないんだけど、導電糸で配線をする場合LilyPadにスナップボタンを半田付けすれば取り外しできて洗濯できるみたいだね

 ギャルテクノニット帽は音に反応してファッショナブルに光れるかつフォトジェニックだからみんなも是非作ってみてね!★



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:IoT Starter Studio

もっと読む

著者プロフィール

  • ギャル電 まお (dotstudio株式会社)(ギャルデン マオ)

     現役大学生。 ドンキでアルドゥイーノが買える時代を夢見て、ギャル電というユニットで活動をしている。  渋谷のギャルが電子工作ブームを起こす未来を想定し、技術サポートができるよう大学では電気工を専攻。好きな食べ物は、焼肉とクレープ。  パーティーとファッションを楽しくするものづくりを頑張っていき...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5