Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

ASP.NET CoreとComponentOneを使って、マルチプラットフォームで動作するWebアプリを作成しよう!【Mac/Linux編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/25 14:00

 ASP.NET Coreは、ASP.NET MVCをベースとして再設計されたマルチプラットフォームで利用可能なWebアプリの開発が行えるオープンソースの基盤技術です。前回の記事では、Windows環境における開発方法、およびIISへのホスト方法について説明しました。今回は、「ComponentOne for ASP.NET MVC」をマルチプラットフォームで使用する方法を中心に解説していきます。

目次

「ComponentOne」の製品名称について

 前回の記事では、製品名称を「ComponentOne Studio」と表記していましたが、2018年5月1日より「ComponentOne」に変更となるため、本稿では新しいものに表記を統一しています。名称が変更になるだけで、この2つは同一の製品です。

 ASP.NET Coreは前述した通り、マルチプラットフォームで動作可能であると同時に、マルチプラットフォームでの開発方法が用意されています。グレープシティの 「ComponentOne for ASP.NET MVC」もまた、マルチプラットフォームでの利用をサポートしています。

 そこで本稿では、以下の点について確認していきます。

  • ASP.NET CoreのMac環境やLinux環境での主な開発方法
  • グレープシティの「ComponentOne for ASP.NET MVC」をマルチプラットフォームで使用する方法
  • NgnixやApacheを使用したホスト手順

 なお、最初にお断りしておくと、グレープシティの 「ComponentOne for ASP.NET MVC」は、マルチプラットフォームによる運用利用はサポートしていますが、Mac/Linux環境での開発をサポート対象外としています。

 そこで、筆者の興味によりComponentOne for ASP.NET MVCを使って開発を行ってみたところ、Mac環境やLinux環境で実際に開発できることを確認できました。今回はその手順を紹介します。

対象読者

  • C#/ASP.NET MVCなどを使用したWebアプリの開発経験者

 ASP.NET Core 2.0を使用したWebアプリの開発については、以下の記事も参考にしてください。

必要な環境

 本稿で使用した.NET Core SDKのバージョンは2.1.103です。また、本稿のサンプルコードを実行する場合は、ComponentOne for ASP.NET MVCが必要です。

 ComponentOne for ASP.NET MVCは、以下のページの矢印にあるリンクからトライアル版がダウンロードできます。

ComponentOneサイト
ComponentOneサイト

 今回紹介する方法は、ComponentOneのサイトにログインする必要があります。トライアル版ユーザーでも試すことができるので、事前にユーザー登録を行っておくことをお勧めします。

今回利用するコンポーネント

 利用するコンポーネントは、基本的に前回と同じ以下のコンポーネントを使用します。

FlexChart for ASP.NET MVC

FlexChart
FlexChart

Guages for ASP.NET MVC

Guages
Guages

InputNumber(Input for ASP.NET MVC)

InputNumber
InputNumber

InputDateTime(Input for ASP.NET MVC)

InputDatetime(日付選択画面)
InputDatetime(日付選択画面)
InputDatetime(時刻選択画面)
InputDatetime(時刻選択画面)

MultiAutoComplete(Input for ASP.NET MVC)

MultiAutoComplete
MultiAutoComplete

 各コンポーネントの説明は前回の記事に記載したため、本稿では割愛します。

 今回は、これらのコンポーネントと、ASP.NET Core 2.0の新機能であるRazor Pagesを使用してサンプルを作成します。Razor Pagesの解説は、CodeZineの掲載の記事で解説されているため、本稿では概要のみ説明します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 森 博之(モリ ヒロユキ)

     .NETテクノロジーを中心とした開発支援や技術記事の執筆、セミナースピーカーを行っているフリーランスのソフトウェアエンジニア。  Microsoft MVPをVisual Studio and Development Technologies、Windows Development、Client...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5