CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「図や画像をうまく使おう!」~ソフトウェア開発者に贈るテクニカルライティングの極意

テクニカルライティング作法・外伝 第9回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/12 11:00

目次

ビジュアルの素材を準備する

 さて、実際にビジュアルを作っていく過程を簡単に紹介していきましょう。まずは素材を集めるところから。

 テクニカルライティングで多用するビジュアルとしては、画面キャプチャーや写真、図やアイコンなどがあります。

画面キャプチャーや写真

 作り方の説明は、とくに要らないでしょう。ただし保存するとき、選択できるなら可逆圧縮(ロスレス圧縮)方式のフォーマットにしておきましょう。「.png」形式などです。非可逆圧縮の「.jpg」形式はできれば避けたいところです。

 プログラミング関係では、クラス図やフローチャートといった図が必要になります。私(=筆者)は、だいたいPowerPointで描いています。ExcelやWordなどで描いてしまう猛者もいるようです。

 機械や建築などの方面では、CADがないと描くのは大変です。使い慣れたCADアプリを持っていない場合は、とりえあず無料のCADを探して試してみてください。2D/3Dとも、商利用可能なフリーソフトがあります。

 作成した図は、画像ファイルとして書き出しておきます。アプリによってはPowerPointのように画像ファイル出力機能を持っていることがあります(次の画像)。そういった機能がない場合は、印刷プレビュー表示などにして画面キャプチャーします。

PowerPoint 2019で画像ファイルに書き出す
PowerPoint 2019で画像ファイルに書き出す
書き出したい要素を選択しておき、右クリックメニューから[図として保存]を指定

アイコンやイラスト

 まずはフリーで使える素材を探しましょう。例えばPowerPoint 2019には、アイコンと3Dモデルのライブラリーが付属しています(次の画像)。インターネットで探すときは、商利用可能なライセンスかどうかを忘れずに確かめてください。

PowerPoint 2019の[挿入]-[アイコン]メニュー
PowerPoint 2019の[挿入]-[アイコン]メニュー
PowerPoint 2019の[挿入]-[3Dモデル]メニュー
PowerPoint 2019の[挿入]-[3Dモデル]メニュー
挿入した後でモデルの向きを自由に変えられます

 自分でイラストを描きたいなら、線画やコミックを描くためのアプリを用意しましょう。Adobe Illustratorが有名ですが、もっと安いものやフリーで使えるものもあります。私はMediBang Paintというアプリを使っています(次の画像)。

MediBang Paint Pro
MediBang Paint Pro

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:テクニカルライティング作法・外伝

もっと読む

著者プロフィール

  • biac(ばいあっく)

    HONDA R&Dで自動車の設計をやっていた機械屋さんが、技術の進化スピードに魅かれてプログラマーに。以来30年ほど、より良いコードをどうやったら作れるか、模索の人生。わんくま同盟の勉強会(名古屋)で、よく喋ってたりする。 2014/10~2019/6 Microsoft MVP (Windo...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5