CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「図や画像をうまく使おう!」~ソフトウェア開発者に贈るテクニカルライティングの極意

テクニカルライティング作法・外伝 第9回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/12 11:00

目次

画像処理アプリを用意する

 素材が揃っても、Web媒体では少なくとも画像サイズを合わせる加工が必要になります。OS付属のペイントソフトではたいてい機能が不足しているので、何かアプリを探してください。次のような機能が必要になります。

  • トリミング(必要な部分だけを切り出す)
  • コントラストや色合いの調整
  • 簡単な線画や文字を入れる
  • 範囲を指定してボカシやモザイクを入れる
  • 全体的にぼかす/シャープにする
  • 拡大/縮小する

 このようなアプリもフリーで使えるものがあるので、探してみてください。私は普段はPaintShopというアプリを使っているのですが、今回は無料でも使えるPaint.NETで説明していきます。

画像を加工する

 どのような加工をするのか、簡単な例をPaint.NETを使って紹介します。

トリミング

 素材画像から、必要な部分だけを残してトリミングします。

使いたい範囲を四角形選択してトリミングする
使いたい範囲を四角形選択してトリミングする

 大雑把でよければ、上の画像のように四角形選択しておいてメニューの[イメージ]-[選択範囲に合わせてトリミング]を使います。結果は次の画像のようになります。

トリミング後
トリミング後

 アプリの外枠に沿ってきっちりとトリミングしたいときは、表示を拡大して狙いを付けやすくしておいてから、[四角形選択]をします。あるいは、表示を拡大した状態で外枠の辺ごとに枠外の領域を[四角形選択]で削除し、全周にわたって削除しおえたら、削除した領域を[魔法の杖]で選択し、その選択領域を反転してトリミングするという方法もあります。

追記とモザイク

 説明用の文字や図形などを入れたいことがあります。そのような追加描き込みは、別のレイヤーを追加してそこに行います。[レイヤー]パレット左下のボタンでレイヤーを追加し、必要ならレイヤーの設定で不透明度を下げておきます(次の画像)。

レイヤーを追加し、不透明度を調整する
レイヤーを追加し、不透明度を調整する

 追加したレイヤーで、[テキスト]ツールや[図形]ツールなどを使って描き込んでいきます。次の画像は、楕円を描き込んだ後で、文字を追加しているところです。

追加したレイヤーに描き込む
追加したレイヤーに描き込む

 なお、複雑な図形を描き込みたいときは、PowerPointなどに画像を取り込むこともあります。取り込んだ画像の上に、図形や文字を配置してやろうというわけです。ただし、結果に含まれる元の画像がボケてしまうことがあります。取り込む前に画像サイズを拡大しておくとよいかもしれません。

 さて、画像の中に隠しておきたい部分があるなら、そこを塗りつぶしたりモザイクを掛けたりします。モザイクは、対象の画像が入っているレイヤーを選択し、範囲指定しておいてから、メニューの[効果]-[デフォルメ]-[モザイク]を使います(次の画像)。

部分的にモザイクを掛ける
部分的にモザイクを掛ける

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:テクニカルライティング作法・外伝

もっと読む

著者プロフィール

  • biac(ばいあっく)

    HONDA R&Dで自動車の設計をやっていた機械屋さんが、技術の進化スピードに魅かれてプログラマーに。以来30年ほど、より良いコードをどうやったら作れるか、模索の人生。わんくま同盟の勉強会(名古屋)で、よく喋ってたりする。 2014/10~2019/6 Microsoft MVP (Windo...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5