CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JavaScript実行環境「Node.js 18.0.0」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/04/27 08:00

 V8 JavaScriptエンジンで動作するJavaScript実行環境であるNode.jsの開発チームは、最新バージョンとなる「Node.js 18.0.0」を、4月19日(現地時間)にリリースした。

 今回の「Node.js 18」リリースにともない、「Node.js 18」が前バージョンである「Node.js 17」に代わって以降6か月間のCurrentリリースラインとなり、2022年10月に長期サポート(LTS)に昇格する。長期リリースに昇格した場合、コードネームは“Hydrogen”となり、2025年4月までサポートされる。

 「Node.js 18」では、実験的ながらグローバルフェッチAPIがデフォルトで利用可能になったほか、結果をTAP形式で報告するJavaScriptテストの作成を容易にするnode:testモジュールが実験的な機能として追加された。

 さらに、Linux、macOS、AIX用のビルド済みバイナリがアップグレードされるとともに、configureスクリプトの--node-snapshot-mainフラグによる、カスタムV8起動スナップショットを使用したNode.jsバイナリのビルドが実験的に可能となっている。

 V8 JavaScriptエンジンは、Chromium 101の一部であるバージョン10.1に更新された。「V8 10.1」では、findLast()およびfindLastIndex()配列メソッドの追加、Intl.Locale APIの改善、Intl.supportedValuesOf関数の追加、クラスフィールドとプライベートクラスメソッドのパフォーマンス向上が行われている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5