CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Accessデータをリスト化する-その2

InputMan for Windows Forms 5.0JのGcListBoxコンポーネントを使った、カラフルリストボックスの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/04/25 14:00
目次

クエリの追加

 今度は、「年代」で並び変えたクエリを追加で作成し、最初に作成したクエリと切り替えて使用できるようにします。

新しいクエリの追加

 クエリを追加するには、BindingSourceオブジェクトのタスクトレイから「クエリの追加」を選びます。「検索条件」ビルダが起動しますので、クエリに名前を付け、クエリビルダを使って新しいクエリを作成します。

 

 自動的に、ToolStripコントロールがフォームに追加され、追加したクエリを実行するボタンが表示されます。

 

 また、このボタンのClickイベントハンドラに、クエリを実行するコードが組み込まれます(以下、読みやすいように整形しています)。

Visual Basic
Private Sub SortYearToolStripButton_Click(ByVal sender As _ 
    System.Object, ByVal e As System.EventArgs) _
       Handles SortYearToolStripButton.Click
    Try
        Me.銘柄データTableAdapter.SortYear( _
            Me.WinelistDataSet.銘柄データ)
    Catch ex As System.Exception
        System.Windows.Forms.MessageBox.Show(ex.Message)
    End Try
End Sub
C#
private void sortYearToolStripButton_Click(object sender, EventArgs e)
{
    try
    {
        this.銘柄データTableAdapter.SortYear(
                          this.winelistDataSet.銘柄データ);
    }
    catch (System.Exception ex)
    {
        System.Windows.Forms.MessageBox.Show(ex.Message);
    }

}

最初のクエリの実行

 年代によるソートを元に戻すために、ToolStripコントロールにラベルを追加して、最初に作成したクエリを実行できるようにします。また、年代によるソートのボタンの名前も変えておきます。

 最初に作成したクエリを実行するには、TableAdapterオブジェクトの実行メソッド名を、フォームのLoadイベントハンドラで実行したメソッド名「Fill」に変えるだけです。

Visual Basic
Private Sub ToolStripLabel1_Click(ByVal sender As System.Object, _
           ByVal e As System.EventArgs) Handles ToolStripLabel1.Click
Try
        Me.銘柄データTableAdapter.Fill(Me.WinelistDataSet.銘柄データ)
    Catch ex As System.Exception
        System.Windows.Forms.MessageBox.Show(ex.Message)
    End Try
End Sub
C#
private void toolStripButton1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    try
    {
        this.銘柄データTableAdapter.Fill(
            this.winelistDataSet.銘柄データ);
    }
    catch (System.Exception ex)
    {
        System.Windows.Forms.MessageBox.Show(ex.Message);
    }
}

まとめ

 見た目もカラフルなリストボックスは、使っていても楽しいものです。

 VS標準のリストボックスではできない機能をまだまだ持っているGcListBoxコンポーネントは、質を問われる時代になったアプリケーション開発にもってこいのコンポーネントです。

 


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ComponentZine(InputMan)

もっと読む

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5