CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【RubyKaigi'08】詳細レポート : 多様化するRuby(続)

日本Ruby会議2008 詳細レポート 後編

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/06/26 11:00

目次

教育用言語としてみたRubyへの切ない願い

 その他、教育用言語として、次のような使いにくさ(しかし、他の分野での利用を考えると仕方がないとは思える)を指摘された。

標準グラフィックライブラリの欠如

 Rubyには標準的なライブラリがない。

 添付ライブラリとしてTkがあるか、WindowsでTkを使うことはそれほど一般的ではない。

Floatクラスは64ビット浮動小数点数

 計算誤差を示すのに、32ビット浮動小数点数を利用できない。

Integerクラスは自動的にFixnumからBignumへ格上げされる

 本来定数時間となる処理が、途中でBignumとなるため、計算が合わなくなる。

型宣言がない

 データ構造を示したいのだが、うまくできない。例えばクラスの場合、インスタンス変数をフィールドとして表現することができない。Structを利用するとフィールドは作れるが、データ型を示す方法がない。

 このように、教育用にRubyを使うことにはメリットもあるが、落とし穴や解決不可能な使いにくさもある、と結論された。

教育関係のその他のセッション

 教育関係のその他のセッションとして、吉田氏による『成功するRuby教育のプラクティス』と、Yugui氏による『RSpecによるRailsアプリケーションBDD』(slideshare)、および松田氏による『Ruby 技術者認定試験 模擬問題解説』が行われた。

Ruby教育のプラクティス

 吉田氏のセッションでは、ペアプロとテスト駆動開発というアジャイル開発の手法が教育にも効果的だったという内容で、特に以下の点について会場から「なるほど」という声が上がっていた。

  • ペアプロを利用すると実習時間を短縮できる
  • 一人で考え込むことを避けられるため、きわめて効果的。
  • テスト駆動開発の採用
  • 要となるテストプログラムは、講師の側が作成して与える必要がある(受講者がいきなりテストコードを書けるわけはない)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2008/06/27 03:30 「書く引数」→「各引数」 RubyEndのライセンスについて記述を追加

  • 2008/06/26 21:24 selector namespaceが疑似コードであることを明記。usingの誤記修正。 否定の!を~と書いていたバグの修正。

バックナンバー

連載:【RubyKaigi'08】詳細レポート

著者プロフィール

  • arton(アートン)

    専門は業界特化型のミドルウェアやフレームワークとそれを利用するアプリケーションの開発。需要に応じてメインフレームクラスから携帯端末までダウンサイジングしたりアップサイジングしたりしながらオブジェクトを連携させていくという変化に富んだ開発者人生を歩んでいる。著書に『Ruby③ オブジェクト指向とはじめ...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5