CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

net-snmpについて(基礎知識)

監視の重要性とsnmpの基礎知識

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/08/06 14:00

目次

2.3 SNMPバージョンについて

 SNMPには大きく分けて以下の3つのバージョンが存在しています。

  1. SNMPv1
    1990年に標準化されました。現在でも広く利用されているバージョンです。
  2. SNMPv2
    主に機能拡張に努めたバージョンです。
  3. SNMPv3
    2002年に標準化されました。主にセキュリティ強化に努めたバージョンです。

 v1とv2は、主にコミュニティ名によって認証を行いデータの送受信を行っていました。v3では、ユーザー名とパスワードという形式(これをユーザー・セキュリティ・モデルと言います)で認証を行い、データ送受信を行います。つまりv3までは認証も暗号化もされずにデータが送受信されておりましたが、v3になってからは認証しないとデータ参照できないようになりました。

 実際にSNMPエージェントおよびマネージャを使用する際は、同一バージョンにのみ対応するのではなく、全バージョンに対応できる実装にするのが理想的ですが、まだまだv3未対応の機器もたくさん存在しているようです。

2.4 利用手段

 SNMPエージェントおよびマネージャを使用する場合、一般的にSNMP開発キットを利用します。理由はSNMPの仕様解釈の相違、Scratch実装が困難、動作環境が複雑になっていったことなどが挙げられます。

 SNMP開発キットの種類は大きく分けて下記3種類あります。

  1. 商用:
    SNMPリサーチ社に代表されるSNMP専用ベンダーの開発キット、一番出来が良いが有料。
  2. OS付属:
    WindowsなどのOSに付属する開発キット、組み込み系OSのメーカーが提供。
  3. オープンソース:
    Windows、Linux、Soralisなどの多くのOSに対応した net-snmp が有名。

 上記以外に、組み込み用TCP/IPプロトコルスタックのメーカーが提供しているSNMP開発キットがあるようです。

 次回はSNMP環境を実際に構築します。監視対象マシンをLinux、エージェントにnet-snmpを使います。監視マシンにWindowsとLinux、マネージャソフトにTWSNMPを使用します。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:net-snmpについて

著者プロフィール

  • 赤松 エイト(エイト)

    (株)DTSに勤てます。 WebアプリやJavaやLL等の上位アプリ環境を密かに憧れつつも、ず~っとLinuxとかHP-UXばかり、ここ数年はカーネル以上アプリ未満のあたりを行ったり来たりしています。 mixiもやってまして、こちらは子育てとか日々の日記メインです。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5