CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

一覧更新画面を持つWebアプリの作り方~MultiRow for ASP.NETの編集機能を使いこなす!

1レコード複数行表示を実現するMultiRow for ASP.NETの実力(後編)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/09/02 15:15

ダウンロード サンプルソース (83.3 KB)

 MultiRow for ASP.NETには、データソースと連携したバウンドモードと連携しないアンバウンドモードがあります。本稿では、一覧系Webアプリケーションの更新機能の実装方法を、より細かな制御が可能なアンバウンドモードを中心に紹介していきます。

目次

標準Webコントロールではなかなか難しい機能をMultiRowで実現

 一覧系のWebアプリケーションを作成する際、悩むことの一つに、編集機能をどのように実装するかという点があります。

 一般的な実装方法としては、一覧の各列に[編集]ボタンを用意して、それをクリックしたら編集用ページが開き編集できる、という流れが考えられます。この流れがなぜ一般的かと言えば、参照と編集で適切なデザインを使い分けられるからです。それ以外にも、編集画面を閉じるタイミングでサーバー側にデータを送信して保存することで、ブラウザを閉じてしまったとしても最後に編集中だったデータ以外は確実にサーバー側に保存できるという点も考慮してあるためだと思います。

 しかし、一覧画面でどんどんとデータを更新していき、任意のタイミングでサーバー側に保存するような操作性を、Webアプリケーションで実現したい場合もあります。Visual Studioに添付されている標準Webコントロールでは実現が難しい、このような一覧更新画面も、MulitRow for ASP.NET 1.0Jを使えば簡単に実現可能です。

 MultiRow for ASP.NETには、データソースと連携したバウンドモードと連携しないアンバウンドモードがあります。本稿では、より細かな制御が可能なアンバウンドモードを使って更新機能を実装する方法を中心に説明し、その後に、ObjectDataSourceを使ったバウンドモードの設定方法を紹介していきます。

 なお、ヘルプファイルと製品サンプルコードには、AccessDataSourceと連携したバウンドモードの例があります。そちらをご覧いただくと、バウンドモードの手軽さがより理解できると思います。

アンバウンドモードとバウンドモード

 前述のとおり、MultiRow for ASP.NETにデータを表示する方法には、アンバウンドモードとバウンドモードがあります。

 アンバウンドモードは、データソースと連結せずにMultiRowに1行づつデータを格納していく方法です。この方法の利点は、格納時にデータを加工しながら設定できたり、データソースとして連結できないようなデータをMultiRowに設定できる点です。その分、コードの記述量は多くなります。

 一方、バウンドモードはデータソースと連結してデータソースの内容を自動的にMultiRowに表示したり、データの追加・更新・削除に対してデータソースの関連メソッドをMultiRowが自動的に呼び出したりすることができます。そのため、データソースの作り方が重要になってきますが、データ表示などMultiRowに関連するコードの記述量は少なくなります。

アンバウンドモードを使って更新系画面を作成しよう

 アンバウンドモードでは、まず必要なデータをすべて取得してMultiRowに設定します。ページングなどを行う際も、ページ単位ではなく全件取得し、ブラウザの中でMultiRowが必要なレコードのみを表示するようにページ制御を行います。このとき、サーバー側にはPostBackもCallBackも発生しません。

 表示したデータの変更には、次の2つのパターンがあります。

(1)削除

 行を選択してツールバーの[削除]ボタンをクリックするか、ショートカットキーとして既定で定義されている「Ctrl+Delete」を押下することで、選択した行の情報を添えてサーバー側でRowDeletingイベントが発生します。

(2)追加、更新

 追加行にデータを入力したり、表示されているデータを更新しただけでは、サーバー側でイベントは発生しません。また、編集後に別の行を選択したときにも、イベントは発生しません。

 追加、または更新した後にツールバーの[データの更新]ボタンをクリックするか、ショートカットキーとして既定で定義されている「Ctrl+Enter」を押下することで、追加行と編集行ごとにサーバー側でRowInsertingイベントやRowUpdatingイベントが発生します。

図1 MultiRowのツールバー
図1 MultiRowのツールバー

 イベントは該当する行ごとに発生するため、サーバー側の記述は、1行を対象にすればよいのでシンプルなコードになります。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 初音玲(ハツネアキラ)

     国内SIerのSEでパッケージ製品開発を主に行っており、最近は、空間認識や音声認識などを応用した製品を手掛けています。  個人的には、仕事の内容をさらに拡張したHoloLensなどのMRを中心に活動しています。  Microsoft MVP for Windows Development...

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(MultiRow)
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5