Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

LinuxからWindows Azureを操作する

Windows Azure 新機能チュートリアル(18)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/11/21 14:00

 本稿では、2012年6月の新機能リリース(通称 Spring Release)で強化されたLinux環境からWindows Azureを操作する方法について解説します。

目次

はじめに

 今回は2012年6月のリリースによって発表されたLinux向けコマンドラインツールより、Windows Azure Webサイトを利用する方法について解説します。

対象読者

 今回の対象読者は下記のとおりです。

  • Linuxに関する知識がある
  • 簡単なWindows Azureの知識がある

必要な環境

  • Windows Azureサブスクリプション
  • Linuxコマンドラインツール

Linux/Mac OS向けコマンドラインツールとは

 2012年6月に多くの新機能がリリースされ、Windows Azure Webサイトや新しい仮想マシン(IaaS)によるLinuxサポートなどが実装されましたが、これらの新しいサービスを管理するためのコマンドラインツールも同時にリリースされています。従来のPowerShellベースのコマンドラインツールでは、動作環境がWindowsに限定されていましたが、今回リリースされたコマンドラインツールではLinuxはもちろん、Mac OS、Windowsでも動作します。これにより、各環境よりシームレスにWindows Azureを管理できるようになりました。

 このコマンドラインツールには大きく、Webサイトの管理、仮想マシンの管理の2つの機能がサポートされています。ただし、PowerShellのようにクラウドサービス(旧名ホステッドサービス)の管理機能はサポートされていません。

 本稿ではコマンドラインツールを用いたWebサイトの作成とアプリケーションの配置について解説します。

コマンドラインツールの準備

 はじめにコマンドラインツールの準備をします。

Node.jsのインストール

 コマンドラインツールはNode.jsで実装されているため、あらかじめNode.jsのインストールが必要です。Node.jsのインストールは各ディストリビューションの作法に従ってください。ただしコマンドラインツールは依存するパッケージの都合上v0.6.15以降を必要とします。ディストリビューションの中には、既定でインストールされているものが古い可能性があります。各ディストリビューションのパッケージマネージャーへの対応は以下を参照してください。

 ・「Installing Node.js via package manager

 参考までにUbuntu Linux 12.04で最新のNode.jsのインストール例を示します(リスト1)。パッケージマネージャーが参照するリポジトリ先を追加し、aptコマンドでnodejsとnpmパッケージをインストールしています。以下の例では、最新の安定版であるv0.8系がインストールされます。

リスト1 Ubuntu Linux 12.04でのインストール例
~$ sudo apt-get install python-software-properties  ... リポジトリ追加に必要なパッケージインストール
~$ sudo add-apt-repository ppa:chris-lea/node.js    ... パッケージ取得先リポジトリの追加
~$ sudo apt-get update                              ... リポジトリ情報の更新
~$ sudo apt-get install nodejs npm                  ... Node.jsとnpmのインストール

コマンドラインツールのインストール

 コマンドラインツール本体はNode.jsのパッケージマネージャーであるnpmコマンドからインストールできます(リスト2)。マイクロソフトのダウンロードサイトからは別途tar形式配布物も入手可能です。

リスト2 Ubuntu Linux 12.04でのインストール例
~$ sudo npm install -g azure      ... コマンドラインツールのインストール
...
~$ which azure                    ... azureコマンドの確認
/usr/bin/azure

 npmコマンドに-gを付けることでシステム共通な場所にインストールされます。whichコマンドでパスが通っていることを確認できれば問題ありません。azureコマンドを引数なしで実行し、図1の画面が表示されれば正しくインストールされているでしょう。

図1:azureコマンドの実行例
図1:azureコマンドの実行例

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト statemachine(statemachine)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Windows Azure新機能チュートリアル

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5