Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

災害コミュニケーション ITだからできるコト(12)

災害によるITインフラへの影響と情報発信の在り方(12)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/03/10 00:00

 本連載では災害によるITインフラへの影響と情報発信の在り方について、さくらインターネット研究所が独自に調査研究を行った成果を元に、今後期待される災害コミュニケーションの在り方についてご紹介します。

目次

全天球撮影で知っておくべき特性

 今回は、全天球撮影と災害コミュニケーションへの応用について、前回ご紹介したRICOH THETAMicrosoft Photosynthによる検証結果をご紹介いたします。

 まずは全天球撮影の特性を理解するために、RICOH THETAと伸縮棒を用いて「全天球撮影の高度による情報量の変化」について検証を行いました(図1)。

図1.全天球撮影の高度による情報の変化の検証風景(ロケ地:西新宿)
図1.全天球撮影の高度による情報の変化の検証風景(ロケ地:西新宿)

 RICOH THETAが取付られた伸縮棒を使い、数メートル単位で複数回の全天球撮影を行った結果を比較しています(図2)。いかがでしょうか? 一見しても、あまり大きな差は見られないように感じられます。

図2.全天球撮影の高度による情報の変化の検証比較(通常データ)
図2.全天球撮影の高度による情報の変化の検証比較(通常データ)

 つづいて、これらデータをTiny Plnanet Photosを使ってラビットホール化してみました(図3)。

図3.全天球撮影の高度による情報の変化の検証比較(ラビットホール化)
図3.全天球撮影の高度による情報の変化の検証比較(ラビットホール化)

 いかがでしょうか? 高度や樹木との距離によって、表現される空間情報に変化が見られることが、ご確認いただけるかと思います。全天周・全天球撮影を行って空間情報をデータとして保存する場合には、これらの特性があることをあらかじめ理解した上でデータ収集にあたる必要があるのです。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 松本 直人(マツモト ナオト)

    1996年より特別第二種通信事業者のエンジニアとしてインターネット網整備に従事。その後システム・コンサルタント,ビジネス・コンサルタントを経て2010年より,さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット 研究所 上級研究員。(2016年より一時退任) 研究テーマはネットワーク仮想化など。...

バックナンバー

連載:災害によるITインフラへの影響と情報発信の在り方

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5