SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Windows Azureを始めてみよう(PR)

Dropbox、GitHubからWindows Azure Webサイトにデプロイしてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dropboxと連携する

 それでは、早速Dropboxとの連携を設定してみましょう。前提条件としてDropboxアカウントをお持ちで、Windowsクライアントをインストール済みであることが必要です。アカウントをお持ちでない方は、「Dropboxページ」から設定を行ってください。

連携の設定

 それでは、連携の設定を始めましょう。はじめに、作成したWebサイトを管理ポータルから開くと、図1の画面が表示されます。ソース管理の統合メニューから[ソース管理のデプロイ設定]をクリックします。

図1:ソース管理のデプロイ設定画面
図1:ソース管理のデプロイ設定画面

 ソースコードの位置ダイアログが表示されるので、[Dropbox]を選択して右矢印ボタンをクリックします(図2)。

図2:ソースコードの位置選択画面
図2:ソースコードの位置選択画面

 Dropboxの認証サイトが表示されたら、お手持ちのアカウントでサインインしてください。サインインが完了すると、Dropboxから連携用フォルダーの作成要求が行われます(図3)。[許可]ボタンをクリックして、作成要求を許可します。

図3:フォルダー作成の許可画面
図3:フォルダー作成の許可画面

 認証が成功すると、発行の設定画面になります(図4)。上の[フォルダー名]コンボボックスで、<新しいフォルダー>を選択し、下の[フォルダー名]テキストボックスに任意のフォルダー名を入れます。Webサイト名と同じで問題ないでしょう。[デプロイのロールバックの有効化]をチェックしておくと、管理ポータル上でロールバック操作を行えるようになるため何かあったときに便利です。最後に完了ボタンをクリックします。

図4:発行の設定画面
図4:発行の設定画面

 以下の画面が表示されれば設定完了です。また、Dropboxの同期フォルダーである、「Dropboxフォルダー\アプリ\Azure\フォルダー名」が作成されているか確認してください(図5)。

図5:デプロイ画面
図5:デプロイ画面

コンテンツのデプロイ

 コンテンツのデプロイはとても簡単です。DropboxのWebサイト連携フォルダーにコンテンツをコピーし、管理ポータル側で同期するだけです。ここでは、Web上で無償公開されているテンプレートを展開してみました(図6)。展開後、Dropboxとの同期が完了するまで少し待ちます。

図6:Dropboxフォルダーへの展開
図6:Dropboxフォルダーへの展開

 次に、Webサイトの管理ポータルに戻り、[デプロイ]画面を開きます。同期ボタンが表示されるので、クリックしてWebサイトへコンテンツをデプロイします(図4)。この動作によりDropboxに格納されていたコンテンツがWebサイトに反映されます。デプロイが成功するとデプロイ履歴が画面に表示されます(図7)。

図7:デプロイ履歴画面
図7:デプロイ履歴画面

 同期完了後、[参照]ボタンを押すと該当Webサイトにジャンプします。展開したWebコンテンツが正しく表示されているでしょう。

 DropboxとWebサイトを連携する最大のメリットは、簡単さだと思います。特にデザイナーなどの非開発者にとっては、バージョンコントロールシステムを扱うのは難しいかもしれませんが、Dropboxなら簡単に扱うことができるでしょう。また、Dropbox自身にもフォルダーを共有する機能があるため、これらを利用して複数人での共同作業を行ってみても、おもしろいかもしれません。他にもちょっとした自己学習用などにも利用してみてください。

次のページ
GitHubと連携する

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Azureを始めてみよう連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト statemachine(statemachine)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/7609 2014/06/30 15:37

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング