CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

速習 Unity 2Dゲーム開発
~第3回 キャラクターの移動

速習 Unity 2Dゲーム開発 第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/13 14:00
目次

キー操作を取得する

 ゲームにスクリプトを追加することができました。スクリプトの中でキャラクターを移動させることもできました。

 今度は、ユーザーのキー操作に合わせてキャラクターを移動させてみましょう。

入力処理の取得

 キーボードの矢印キーに合わせてキャラクターを移動させることにします。

 Updateメソッドを以下のように書き換えます。

キー操作に対応したキャラクターの移動
void Update () {
    // キーの入力方向を取得する
    float horizontal = Input.GetAxis("Horizontal");

    // キャラクターに加える力にキーの方向を反映させる
    this._charactor.rigidbody2D.AddForce(Vector2.right * 10f * horizontal);
}

 ゲームを実行すると、キー操作に合わせてキャラクターが移動するのが分かると思います。

コードの解説

 ほんの少しの修正で、キー入力でキャラクターを移動させることができました。このように少ない手間でゲームの処理が追加できるところがUnityの2Dゲーム開発機能の魅力です。

Inputクラス

 入力を取得します。今回はGetAxis("Horizontal")として水平方向の入力を取得しました。キー操作が左方向の場合horizontalには-1が、右方向の場合には1が入ります。

 AddForceメソッドの方向にhorizontalを掛け合わせてあげることで、右方向の力と左方向の力を分けることができます。

まとめ

 Unityの2Dゲーム開発機能によるプログラミングはいかがでしたか。短いコードでキャラクターが左右に動いたことに驚かれたのではないでしょうか。次回はキャラクターのジャンプ処理を実装する方法を紹介します。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:速習 Unity 2Dゲーム開発

もっと読む

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5