Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Creative Cloud 2015で変わる、Web制作のワークフロー~PhotoshopとDreamweaverの新機能を有効活用する

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/25 14:00

目次

Dreamweaver CC 2015

 アートボードを使って1つのPSDにデザインを集約でき、画像もすべてCCライブラリに置きました。ここからは、DreamweaverでHTMLやCSSを書いていく際に便利な新機能を紹介していきます。

CCライブラリから画像書き出し

 デザイナーからライブラリの共有(共同作業への招待)を受けたエンジニアは、Dreamweaverのライブラリパネルでアセットのリストを見られるようになります。

 このライブラリパネルから画像をコードビューなどにドラッグするだけで、指定の形式で画像を書き出せます。CCライブラリで画像が共有されていれば、もはやPSDを開く必要すらありません。

 クラウドとリンクされた画像をライブビューで見ると、右下に雲のマークが表示されます。

 HTMLに配置されたこの状態で、デザイナーがライブラリの画像の彩度を修正すると、それにリンクしているDreamweaver上の画像も自動的に書き出し直されて更新されます。いやー、これが未来なんですね。

PSDをDreamweaverで開く

 Dreamweaverの中でPSDを開いて、デザインを見ながら作業することもできます。Creative Cloud Extractという機能です。

 まずPSDファイルを、Creative Cloudに保存します。

 DreamweaverのExtractパネルで、クラウドに保存したPSDを開きます。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 石川 修一(イシカワ シュウイチ)

    株式会社ニューロマジック 執行役員 早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 招聘研究員 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科附属メディアデザイン研究所 リサーチャー デザイン、フロントエンドからクラウドまで、新しいことに興味がありすぎて時間が足りない、Web制作会社の制作部門統括。Adobeイ...

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5