Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

【デブサミ2016】18-C-1レポート
すべてのアプリ、すべての開発者にとって使いやすくなった「Visual Studio Family」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/18 14:00

 アプリケーション開発を取り巻く環境は、クラウドファースト、モバイルファーストの潮流により大きく変化している。それを受けマイクソフトの開発ツールや技術も「すべてのアプリ、すべての開発者のために」というビジョンの下、大きな進化を遂げている。もちろんVisual Studioの最新バージョン「Visual Studio 2015」もその一つ。さらにはAzureが提供する機能を用いることで、これからの開発現場には欠かせないDevOpsを実現する仕組みも用意している。そんなモバイルファースト、クラウドファーストを実現するマイクロソフトのアプリケーション開発技術について、日本マイクロソフト デベロッパー エバンジェリズム統括本部 テクニカル エバンジェリズム マネージャーのドリュー・ロビンス氏と、エバンジェリストの井上章氏が紹介した。  

目次
日本マイクロソフト デベロッパー エバンジェリズム統括本部 テクニカル エバンジェリズム マネージャー ドリュー・ロビンス氏
日本マイクロソフト デベロッパー エバンジェリズム統括本部
テクニカル エバンジェリズム マネージャー ドリュー・ロビンス氏
同 エバンジェリスト 井上章氏
同 エバンジェリスト 井上章氏

マイクロソフトの技術はよりオープンな方向に進んでいる

 「開発者にとっていまや英語は欠かせない言語となっている。そこで本セッションはプレゼンテーションを英語、デモンストレーションを日本語というバイリンガルセッションで行う。これが英語にまた一歩近づくためのセッションとしたい」と井上氏の言葉を引き継ぐ形で、ロビンス氏は「ゆっくりクリアに話すようにがんばる」と語り、セッションをスタートさせた。

 「モバイルファースト、クラウドファーストという潮流を受け、マイクロソフトの開発の方向性はよりオープンな方向に進んでいる」とロビンス氏は語る。

 確かにこれまでマイクロソフトの技術はWindowsを中心とした閉ざされたものだった。しかしいまやそれは大きく変わり、「すべての開発者が、あらゆるアプリケーションを開発できる環境を整備している」とロビンス氏は言うのである。

 Visual Studioも同様、Windowsアプリケーションを作るため、C#や.NET言語を使うものというイメージがあったが、「もはやそうではない。それを証明するためにデモを見せたいとロビンス氏は語り、デモをする井上氏に交替した。井上氏はまず、参加者がどのくらい今のVisual Studioを知っているかを確認。最新のVisual Studio 2015をすでに使っていた人は会場の約半数。残りの半数の中にはそれ以前のVisual Studioユーザーも。その方たちに向け、「どう変わっているか知ってもらいたい」と語り、ロビンス氏が話したことを要約し、デモへと移った。

 最近のVisual Studioはラピッドリリースで、3~4カ月で更新されているという。「これまでアップデートというとバグフィックスというイメージが強いが、Visual Studioの場合は新しい機能が追加されている」と井上氏は語る。

 Visual Studio 2015はクロスプラットフォーム開発環境となっており、WindowsデスクトップアプリやWindowsストアアプリはもちろん、Androidアプリ、iOSアプリ、UWPなどさまざまなアプリの開発ができる。例えばC#でAndroidアプリを開発するのであれば、XamarinやUnityというサードパーティ製のツールがVisual Studioの中で動くことで、これが可能になる。「またMFCの開発も最新版でしっかりサポートされている。Win32アプリケーションも今まで通りC/C++で書けるようになっている」と井上氏は付け加える。しかもクロスプラットフォームのカテゴリーも変わってきており、C/C++言語でAndroidの共有ライブラリを作れたり、Cordovaを使ってHTML5やJavaScriptでiOSやAndroidアプリを開発できたりするという。

 ここで井上氏は、Visual Studioを使ってASP.NETのアプリケーションを作るデモに移った。ASP.NETの最新版はASP.NET 5(ASP.NET Core 1.0)となっており、「このバージョンではWeb.configなどのXMLファイルの形式の設定ファイルはほぼなくなっており、Project.jsonというJSON形式で、Visual Studioの中でアプリケーションの情報、構成が書かれるようになっている」と井上氏は説明する。

マイクロソフトのツールビジョン
マイクロソフトのツールビジョン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:【デブサミ2016】セッションレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5