Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

いま付加価値を生み出せるのはソフトウェアだけ、貢献が世の中を動かしていると感じられれば人間は伸びる

NTTコミュニケーションズ クラウド・エバンジェリスト 村上 守氏インタビュー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/29 14:00

 企業におけるOSS(オープンソースソフトウェア)利用が進んでいます。無償利用によるコストメリットを享受するために、どのようにOSSを選定するべきか、うまく活用するために必要なことは何か、そしてコミュニティとどのように関わるのかなどについて、OSSを活用し、インターネットやクラウドなどさまざまなシステムを開発してきた経験をもつ村上守氏にお聞きしました

目次

「エバンジェリスト」というと堅そうですが、アニオタです

――最近注目のトピックを教えてください。

私、後天性のアニオタなんですよ。

――アニメ、ご覧になるんですか。

2003年にオタりました。以前はニュース、NHKのドキュメンタリー、洋画くらいしか観なかったんですが、たまたまNHK Eテレで『十二国記』を観て、あ、面白いと思ったのがきっかけです。

同僚に最近アニオタになったんだと言ったら、「『エヴァンゲリオン』を観ないのはどうよ」とか「『攻殻機動隊』は観なきゃねえ」と言われたので、DVDを借りて全部観ました。

NTTコミュニケーションズ 技術開発部 担当部長 村上 守氏

村上 守(むらかみ まもる)

1987年NTTへ入社。パケット交換機の設計や制御ソフトウェアの開発に従事の後に、当時NTTグループ初のインターネットサービス(InfoSphere)の立ち上げのためNTTPCコミュニケーションズへ出向し、ISPやeコマースなどの各種サービス基盤システムの開発や構築を担当。

その後はNTTにてNGNなどを担当の後、2007年にNTTコミュニケーションズへ。

以降はクラウドサービスなどの技術開発のリーダーとして、Bizホスティングベーシックをはじめとする各種クラウドサービスの立ち上げを行う。

2015年より技術開発部にてクラウド・エバンジェリストとして活動中。

――『ガンダム』なども遡って観たんですか?

元祖は放映当時に観ていましたが、つまんないと思ってました。ロボット物はあまり好きじゃない。そもそもロボットが空を飛ぶわけがないし、宇宙から降りてきたら大気圏で燃えないわけがないので、嘘っぽいところが嫌ですね。ロボット物なら『装甲騎兵ボトムズ』は納得。あれはロボットが地面を走り回るし、兵器として割り切っていて壊れたら捨てて乗り換えるから。

『魔法少女まどかマギカ』も面白かった。魔法は一線を越えていて、想像すればあり得るから許せます。

と思いつつ、「『ガンダムSEED』は観るべき」と言われて観たら、なるほど面白くて、それ以降の『ガンダム』シリーズはライブで観ています。

入社2年目に新人研修教材を作成、大勢のNTT技術者がこれで学んだ

――コンピュータにはまったのはいつからですか?

中学校のときからアセンブラをやっていました。大学時代には、ソフトハウスでバイトをしていて、TeraTermのようなターミナルエミュレータを作ってばらまいたりしていました。いわゆるPDS(Public Domain Software)というやつです。まだインターネットという言葉も流行っていない頃でしたが、大学ではイーサーネット関連の研究をしていました。卒論は、自分で組み立てたコンピュータでMACアドレスを使ってコンピュータの通信プログラムを書くというテーマでした。

――大学時代からデータ通信に関わっていたんですね。パソコン通信もやっていましたか?

当時チャットが流行っていて、東京に住んでいたにもかかわらず栃木のBBSに入り浸っていたんです。ダイヤルアップ接続なんで1日中電話代がかかって、毎月5万円ほどになっちゃって。払えなくて止められて、バイト代が入ったら払って復活して、また払えなくなって止められて、を繰り返していました。

――もしかしてNTTを志望した理由は……。

ただでデータ通信ができる会社にしようと、NTTに入社したんです。1987年でした。専門分野は交換ということで、川崎電報電話局での1年間の研修を経て、パケット交換サービスを開発する事業部に本配属されました。それ以降ずっとデータ通信に関わっています。

――無事、希望の部署に配属されてほっとしましたね。

それがですねえ。新人研修でソフトウェア演習の内容が簡単、こんな課題では夢がないとアンケートに書いたら、人事部に呼び出されました。「偉そうなコメントを書いているが、自分だったらどうするんだ」と聞かれて、今後は電話だけでなくデータ通信が重要になる。2台のコンピュータをRS-232Cで接続して、1文字ずつ送信・受信する処理を組み合わせてパケット通信を行うプログラミング、みたいな課題がいいんじゃないですかと意見を述べたら、「それもらった。教材を作れ」と言われてしまって。

結局入社2年目にして、その年の新人研修用に教材を作って、さらに研修所にも行きました。その教材はしばらく使われていたので、技術畑のNTT社員の中には研修でその課題をやった人も多いと思います。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 坂井 直美(サカイ ナオミ)

    SE、通信教育講座の編集、IT系出版社の書籍編集を経てフリーランスへ。IT分野で原稿を書いたり編集したり翻訳したり。

バックナンバー

連載:キーパーソンインタビュー

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5