CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

今一番学びたい言語「Python」の実践的なスキルを測る新試験「Python3 エンジニア認定実践試験」とは?【デブサミ2022】

【17-A-8】今年実施予定のPython新上位試験と模擬問題の解説と稟議に役立つ市場データの解説

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/03/23 12:00

 今一番学びたい言語として注目の「Python」。Python試験およびデータ分析試験は、経済産業省ガイドラインISVマップに登録され、受験者数も1万人を超えている。ニーズの高まりを受けて、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会では、2022年年初に新たな上位試験のベータ試験を開始し、年内に実施することを発表している。その試験の概要とPythonを取り巻く状況について、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会の代表理事を務める吉政忠志氏と、顧問理事の寺田学氏が解説した。

目次
一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事 吉政忠志氏、顧問理事 寺田学氏
一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事 吉政忠志氏、顧問理事 寺田学氏

PythonZenの試験や初学者向けサポートなどが続々登場

 一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会は、Python市場が広がる中で、「Pythonic」を理解した人材が育成されることを目的に設立された。

 「Pythonic」とは、Pythonの「お作法」「フィロソフィー」などともいわれており、「The Zen of Python」にはPythonの設計について記述されたイディオムがまとめられている。具体的な活動としては、これらに基づく試験の運用や、教材・スクールの認定および、カンファレンス参加などによる普及活動などがある。

 そんな当協会が実施する「Python基礎試験」および「データ分析試験」は、経済産業省が定めたガイドライン「ITスキル標準(ITSS)」のキャリアフレームワークと認定試験・資格のマップで、職種はソフトウェアディベロップメント、専門分野は応用ソフトのレベル1に掲載された。掲載後の受験者数は200%強と増えており、1月のデータ分析試験でも前年同月比で380%と急増している。

 そして、前述のPythonのお作法および「PythonZen(The Zen of Python)とPEP 8」に関する知識を問う試験として「PythonZen & PEP 8 検定試験」も、3月よりベータ運営が始まっている。受験料無料で24時間いつでも受験が可能、ベータ版でも合格すれば正式に認定されるという。

PythonZen & PEP 8 検定試験 概要
PythonZen & PEP 8 検定試験 概要

Pythonを取り巻く市場動向は、求人・エンジニア人気ともに急上昇

 すっかり人気の言語となったPythonだが、実際、人材市場的にも引く手あまたの様相だ。求人広告代理店「Indeed japan」の集計による2022年1月現在の求人数は、PHPやJava、C、C#に次いで5位の求人数であり、伸び率でいえば昨年の2倍以上にもなっている。

 「求人数が増えているということは、Python市場が今後伸長するであろうと予測し、それに対応するために求人を出しているということ。AIや機械学習、ネットワークの自動化、Web関連といった分野に幅広く使われているが、その中でも強化しようという傾向が読み取れる。ぜひ、企業の人事教育担当の方々には参考としていただきたい」と吉政氏は語る。

 また、パーソルキャリアの2021年2月の調査によると、ITエンジニア自身も「学びたいプログラミング言語」として1位にPythonをあげており、しかも32.8%もの高い数字となっている。そして、TIOBEプログラミング言語オブザイヤーを2020年、2021年と連続して受賞している。また、実際に学ばれている言語としても、オライリーによる2021年1月の調査で1位を獲得した。

 吉政氏は、「20年前から存在するPythonだが、なぜ今になって熱狂的に盛り上がっているかといえば、AI、機械学習、ビッグデータ、インフラなどで中心的に活用されている技術として、『仕事に使える』という評価があるからではないか。そして、エンジニアは複数言語を取得する傾向があり、第2、第3の言語として学ぶ機運が高まっていると思われる。また国の情報処理技術者試験にも採用されたり、未来投資会議で育成を推進すると明言されたりするなど、期待も高まっていることが大きい」と分析した。

 こうした傾向は日本だけでなく、米国では最初に学ぶ言語としてPythonが認知され、オールラウンドに活用されている。そして求人数も上位2位につけているという。

 そうした追い風の中、現在実施されている「Python3 エンジニア認定基礎試験」と「Python3 エンジニア認定データ分析試験」の合計受験者は、4年目には年間1万人を達成し、ITSSに登録後の5年目では、年間で1万7千名のペースで受験者が増えている。

Python3 エンジニア認定基礎試験とPython3 エンジニア認定データ分析試験の概要
Python3 エンジニア認定基礎試験とPython3 エンジニア認定データ分析試験の概要

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Developers Summit 2022 レポート

もっと読む

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5