CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

手軽に高速にWebサイトを公開! Webホスティングサービス「Vercel」の概要と使い方

Vercel+Next.jsを活用したWebアプリケーション開発入門 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さんがBlogやランディングページなどのWebサイトをいち早くインターネットにサイトを公開したいとき、どんなプラットフォームを活用しようと思い浮かべるでしょうか? Amazon S3などのクラウドサービスでしょうか? それともGitHub PagesやNetlifyなどのホスティングサービスでしょうか? この連載では、現在注目のWebホスティングサービス「Vercel」をご紹介します。

目次

対象読者

前提環境

 筆者の環境は次の通りです。

  • Windows 10
  • Visual Studio Code
  • Next.js
  • Vercelアカウント
  • GitHubアカウント

Vercelとは

 VercelはCI/CDとWebサーバーが合わさったサービスです。無料で始めることができ、GitHubなどのリポジトリと連携することで手軽にアプリケーションをデプロイすることが可能です。また、CDNが含まれているため高速なページ表示が可能となっています。

 Vercelが目指していることは、最高の開発者エクスペリエンスとエンドユーザーのパフォーマンスへのこだわりです。チーム開発もサポートしており、開発チームにすぐに組み込むことが可能です。

 現在では電子商取引、旅行、ニュース、マーケティングといったさまざまな用途に使われており、代表的なサイトはPatreonがあります。

Vercelが持つ3つの特長

 Vercelでは他のサービスと比べて3つの特長があります。

1. Fast Refresh

 ライブエディットに対応しています。コードで変更した箇所が即座にブラウザ上で確認できます。

2. Flexible Data Fetching

 作成したページを任意のデータソース、ヘッドレスCMS、APIに接続し、開発環境で動作させることができます。

3. Edge on Localhost

 キャッシュからサーバーレスファンクションまで、すべてローカルホストで完全に動作します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Vercel+Next.jsを活用したWebアプリケーション開発入門

著者プロフィール

  • 山本 誠樹(サイトコア株式会社)(ヤマモト マサキ)

     サイトコア株式会社 セールスグループ パートナーテクニカルイネーブルメントマネージャー。通信系システムや会員管理サービスの設計・開発から保守まで、システムエンジニアとして様々なプロジェクトに約20年従事。近年はクラウドにフォーカスしたコンサルティングを小売・流通・電力系など業種を問わず行う。201...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5