CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

.NETでOffice 2007と同じ「リボンインターフェース」を持ったエディタを作る

PowerTools Ribbon for .NETのC1Ribbonコンポーネントを使ってアプリケーションにリボンバーを実装する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/12/14 14:00
目次

C1Ribbonテンプレートを使う

 PowerTools Ribbon for .NETをVisual Studioにインストールすると、リボンを持ったフォームのテンプレートが自動的に組み込まれます。

 Visual Studioの新しいプロジェクトを作成する画面に、「C1Ribbonアプリケーション」というテンプレートが追加されているので、これを選んでプロジェクトを作成すると、C1RibbonとC1StatusBarコンポーネントが組み込まれたフォームを使用できます。

「C1Ribbonアプリケーション」テンプレートが追加されている
「C1Ribbonアプリケーション」テンプレートが追加されている

 この、C1Ribbonコンポーネントはデフォルトではリボンには1つのタブとグループが組み込まれているだけなので、使えるようにするにはタブを追加したりボタンやテキストボックスなどを組み込む必要があります。

テンプレートから作成されたフォームとリボン
 テンプレートから作成されたフォームとリボン

GUIの作成とC1Ribbonコンポーネントの設定 1

 GUIの作成は、フォームにRichTextBoxとOpenFileDialogコントロールを追加します。

 RichTextBoxコントロールは、Dockプロパティを「Fill」にし、HideSelectionプロパティをFalseにしておきます。こうすると、選択文字列からフォーカスが他のコントロールに移っても、選択した文字列は反転表示のままになります。

 OpenFileDialogコントロールは、FileNameプロパティを「*.txt」に、Filterプロパティを「*.txt|text」に設定します。

リボンの構成要素

 リボンを実装するには、リボンの構成要素とその名前を知らなければなりません。

 そこで、Excel 2007を例にリボンの構成について説明しておきます。

アプリケーションボタンとアプリケーションメニュー

 リボンの左上にある丸いボタンを「アプリケーションボタン」といい、このボタンを押すとアプリケーションメニューがドロップダウンして表示されます。アプリケーションメニューは3つのペインに分かれており、それぞれボタンやサブメニュー、区切り線などを組み込むことができます。

リボンの構成1-Excel 2007
リボンの構成1-Excel 2007

 リボンはTabPageコントロールのように「タブ」を持ち、このタブにボタンやエディット、コンボボックスなどのリボン専用のコントロールを組み込んで使用します。

 タブはいくつも組み込むことができ、ユーザーはタブをクリックしていろいろな機能を使うことができます。

リボンの構成2-Excel 2007
リボンの構成2-Excel 2007

タブの追加とアプリケーションメニューの作成

 では、C1Ribbonコンポーネントの作成を行います。

 まず、リボンのタブをもう1つ追加します。また、アプリケーションメニューに「ファイルを開く」と「終了」を設定します。

1.

 配置したC1Ribbonコンポーネントのアプリケーションボタンの横にある編集用メニューをクリックし、[アクション]ボタンをクリックしてドロップダウンリストから「タブの追加」を選びます。

 これで、リボンにタブが追加されます。

「タブの追加」を選ぶ
「タブの追加」を選ぶ

 タブは、タイトル文字をクリックすると直接文字の編集が行えます。

タイトル文字をクリックして編集する
タイトル文字をクリックして編集する

2.

 アプリケーションボタンをクリックして、[画像の変更]ボタンを押します。ダイアログが表示されるので、リストからボタンに表示するアイコンを選ぶことができます。独自の画像を組み込むなら、[インポート]ボタンで選択します。

リストからボタンに表示するアイコンを選ぶかインポートする
リストからボタンに表示するアイコンを選ぶかインポートする

3.

 アプリケーションボタンをクリックして、プロパティウィンドウの「BottomPaneItems」「LeftPaneItems」「RightPaneItems」プロパティで、アプリケーションメニューを設定します。

 これらは、それぞれコレクションエディタを使って追加します。

BottomPaneItems、LeftPaneItems、RightPaneItemsプロパティでアプリケーションメニューを設定
BottomPaneItems、LeftPaneItems、RightPaneItemsプロパティでアプリケーションメニューを設定

 コレクションエディタでは、[追加]ボタンの横にある▼をクリックして、リストから追加するアイテムを選びます。

 ここでは「RibbonButton」と「RibbonSeparator」を組み込んでいます。RibbonButtonは、「RibbonButton」というオブジェクトとして操作します。

 コレクションエディタのプロパティウィンドウでは、各オブジェクトのアイコンやテキストの配置位置などを設定してデザインします。

左ペインアイテムコレクションエディタ
左ペインアイテムコレクションエディタ

 ただし、どのように出来上がったのかは、実際にプログラムを実行させアプリケーションメニューを表示しないとわかりません。

設定したアプリケーションメニュー。左ペインだけ設定したので、右と下のペインは空欄のまま
設定したアプリケーションメニュー。左ペインだけ設定したので、右と下のペインは空欄のまま

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne)

もっと読む

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5