CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Adobe、AIR開発責任者に聞く
次期Flashプラットフォーム開発の見所

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/08 17:00

目次

開発生産性

――新しいFlashプラットフォームでの、開発生産性の変化について教えてください。

Chambers氏:

 開発生産性については、まずコンポーネントのスピードを5倍に上げるという目標を上げ、大規模に取り組みました。また、今まで煩雑だったタスクをもっと簡単にすることにも注力しています。具体的には、異なるコンポーネント間での双方向バインディングのサポート、エフェクトやトランジション用の新たなアーキテクチャなどです。

 開発者にとっては、まったく新しいことが実現できるようになるというより、これまで苦労していた部分が簡単になる、と考えていただけるとよいでしょう。また、先述のフレームワークの革新ですが、これにはコミュニティからのバグフィックス報告が大きく貢献しました。

Mike Chambers氏

――従来、FlexというとColdFusionやJavaとの連携が中心だったように思えますが、最近はAMF技術を利用した他のサーバーサイド言語との連携も増えてきたように感じます。そういった状況については?

Chambers氏:

 今までも、どんなバックエンドでもFlexのアプリケーションと通信することは可能でした。ただ、既存のサーバー技術を活用した方が、より密接な統合ができるようになってきています。Open Screen Projectの一部としてAMFプロトコルがオープンになり、オープンソースプロジェクトでの積極的なサポートが可能になったことで、最近は、PHP/Ruby/Perl/Pythonなど、多くのコミュニティでFlex連携の活動が活発化しています。Adobeとしても、最近はより積極的にコミュニティの活動をサポートしています。

 Flexのバックエンドに何を使うか、さらに開発者の柔軟性は高まったと言えます。AdobeはWeb開発者に、自身の持つ開発技術を保ちながら、ぜひAdobeの技術を使ってください、と奨励しています。その表れとして、PHPベンダーのZend Technologies社による、Zend FrameworkのAMF対応、Zend StudioとFlex Builderとの連携などが挙げられます。

 こういった様々な統合を、ツール側、オープンソースプロジェクト側で実現することにより、サーバーにかかわる開発者がより仕事をしやすくなってきたと思います。この「クライアントサーバ間の開発をもっと楽にする」ことは、次世代のFlex Builderのフォーカスにもなっています。

AMF

 Action Message Format。Flash/Flex(ActionScript)とサーバーサイドとのデータ通信をバイナリ形式で行うプロトコル。XMLやJSONのようにテキスト形式で通信を行うフォーマットに比べ、パフォーマンスや使い勝手がよい。Javaとの通信を行うオープンソースプロジェクトの「BlazeDS」とともに仕様が公開された。AMFPHP、RubyAMFPyAMFなど、さまざまなサーバーサイド技術と連携するライブラリの開発がオープンソースで進められている。

 具体的なRuby、Python、PHPとの連携方法は、Adobeデベロッパーセンターの記事などを参照のこと。

――最後に、日本の開発者に向けて一言お願いします。

Chambers氏:

 日本に来るたびに、世界のどこよりもクールなものが日本にはあることに驚かされます。我々の技術をとてもクリエイティブな形で使っています。だからメッセージがあるとすれば、ぜひ今やっていることをそのまま続けてください。そして、もし面白いことをやった場合は、私にEメールをください。

Stewart氏:

 Mikeより先にメールをください(笑)。

 ぜひ日本のコンテンツ、作品をアメリカにも見せびらかすようにしてください。 特に英語圏の人たちは、Flash、開発者コミュニティという意味では、日本の持つクリエイティビティ、表現力にもっとさらされるべきだと思います。

――ありがとうございました。

「FlexではじめるRIA開発」特集、絶賛公開中!


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:話題のあの人にインタビュー!

もっと読む

著者プロフィール

  • 斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

    メディア編集部 メディア1(CodeZine/EdTechZine/ProductZine)編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。ソフトウェア開...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5