Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

5分でわかるActiveReports帳票(2013年度版)-グラフ表示

ActiveReports for .NET 7.0Jで作るサンプル帳票(7)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

ページレポートのグラフ 2

単純なグラフの作成

 まず、X値とするものを「カテゴリフィールド」に配置します。日付ごとの売上を出したい時には、「Date」フィールドをレポートエクスプローラのデータセットを展開したフィールドから、Chartの下部、「カテゴリフィールドを配置してください」というタブにドロップします。

 次にY値となるものを「データフィールド」に配置します。たい焼き、たこ焼きそれぞれの売上を表示したい場合、「TaiyakiSales」と「TakoyakiSales」の2つのフィールドを順に、Chart上部の「データフィールドを配置してください」というタブにドロップします。

 これでグラフが完成します。プレビューを見てみると、たい焼き、たこ焼きのそれぞれの売上が日付ごとに表示されています。

 プロパティウィンドウのコマンドペインにある「Chartデータ」ダイアログから「系列」の内容を見てみると、TaiyakiSalesを表す系列の値は「=Sum([TaiyakiSales])」となって、日ごとの集計になっていることが分かります。実際、1日目のTaiyakiSalesの値は1900を表しており、AM、PMのデータが合計されていることが分かります。

カテゴリフィールド、データフィールドを使ったグラフ
カテゴリフィールド、データフィールドを使ったグラフ

系列フィールドを使ったグラフの作成

 上記のグラフでは、データフィールドに2つのフィールドを設定することで、2つの系列を表示していました。

 系列を加えるためには、もう一つ、系列フィールドを使う方法があります。

 先程のデータでは、午前・午後を表す「AmPm」のフィールドがありました。これを「系列フィールドを配置してください(オプション)」の所にドロップします。

 このフィールドには、「AM」か「PM」の2種だけのデータが入っています。この2種でデータが分類され、たい焼きの売上、たこ焼きの売上それぞれに対し、AM・PMごとにデータが分けられました。系列の数は、「データフィールドに設定したフィールドの数が2」で、「系列フィールドに含まれる値の種類が2」なので、2×2=4です。

系列フィールドを使ったグラフ
系列フィールドを使ったグラフ

 なお、ここで表示したグラフでは、値が分かりやすいようにY軸のグリッド線を表示させています。デフォルトでは表示されないのでご注意ください。グリッド線の表示や、X軸・Y軸に表示する書式などは、プロパティウィンドウのコマンドペインにある[グラフ X軸...]ダイアログや[グラフ Y軸...]ダイアログで設定することができます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5