Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

5分でわかるActiveReports帳票(2013年度版)-グラフ表示

ActiveReports for .NET 7.0Jで作るサンプル帳票(7)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

ページレポートのグラフ 1

 ページレポートでもグラフを表示することができます。また、ページレポートのグラフとセクションレポートのグラフは、基本的な概念が異なります。

  • ページレポートのグラフでは、Matrixと同じように、グラフに表示されるのは「集計値」です。一方、セクションレポートのグラフには集計をする機能はありません。
     
  • セクションレポートのグラフでは、フィールドがそれぞれ系列です。ページレポートのグラフでもフィールドを系列とすることができますが、それ以外に、「系列フィールド」を設定することで、同じフィールドのデータを別の系列に分割することができます。

ページレポートのグラフの作成

 では、実際にページレポートでグラフを作成してみましょう。

 プロジェクトにページレポートを追加して、データソース、データセットを追加します(これらの方法については第2回をご参照ください)。今回はグラフ用のサンプルデータベースを使用します。

 サンプルとして、たい焼きとたこ焼きを売る屋台の3日間の売上データを使います。具体的には、以下のようなデータです。日付(Date)、午前・午後(AmPm)、たい焼きの売上(TaiyakiSales)、たこ焼きの売上(TakoyakiSales)がそれぞれフィールドとなっています。

屋台の売上のサンプルデータ
Date AmPm TaiyakiSales TakoyakiSales
1日目 AM 500 2500
1日目 PM 1400 4000
2日目 AM 800 2500
2日目 PM 2200 6500
3日目 AM 700 3500
3日目 PM 3200 8000

 まず、ページレポート上にChartコントロールを配置します。このときグラフの種類が表示されるので、使用したいものを選びます。

グラフを配置した時の初期画面
グラフを配置した時の初期画面

 なお、この中には円グラフなどが含まれていません。円グラフを使いたい場合には、Chartを貼り付けた後、プロパティウィンドウのコマンドペインから「外観」を選択します。Chart外観ダイアログが表示されます。「拡張」ボタンを押すと、初期表示以外のグラフが選択できるようになります。

Chart外観ダイアログの拡張グラフ
Chart外観ダイアログの拡張グラフ

 ここではまず、基本的な縦棒グラフを作成してみましょう。

 「縦棒グラフ」を選択すると、簡単なダミーデータを表示するグラフが現れます。これにデータを接続していきます。

 データの接続はデザイン画面からGUIで実行することができます。Chartコントロールを2回クリックすると、コントロールの上、下、右にタブが現れます。それぞれ「データフィールドを配置してください」「カテゴリフィールドを配置してください」「系列フィールドを配置してください(オプション)」と表示されています。

Chartコントロールの周囲に現れるタブ
Chartコントロールの周囲に現れるタブ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5