Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

縮小・展開するトピックバーを持った.NETアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/16 17:00

 「ComponentOne Studio」に含まれるC1TopicBarコンポーネントを使って、Windowsのフォルダにあるトピックバーと同じような機能を持つアプリケーションを作成してみます。

目次

はじめに

 WindowsのGUIは、「1つのアプリケーションで操作を覚えれば他のアプリケーションの操作も早く覚えられる」というコンセプトで、アプリケーションの外観やメニュー・ツールバーのデザインが統一された経緯があります。パソコンが普及し始めたころはその効果も高かったのでしょうが、生活家電並みに普及した現在では、画一化されたデザインよりも個性的でより操作性の高いデザインが好まれるようになってきています。

 ComponentOne Studioには、メニューやツールバー以外にもユーザーの操作を補助するコンポーネントがいくつも用意されていますが、この中にあるC1TopicBarコントロールは、Windowsのフォルダにあるトピックバーと同じような機能を提供します。

 トピックバーには複数のページがあり、ページごとに縮小展開やタイトルバー、リンクを持ったコンテンツを組み込む機能が実装されています。

 このコントロールを使うと、より分かりやすいアプリケーション操作を提供したり、アプリケーションを補助する機能を呼び出したりなど、アプリケーション本来の操作性を向上し、補助的機能を拡充することができます。

 そこで、今回はこのC1TopicBarコントロールを使い、トピックバーに目次を組み込みPDFドキュメントを表示する機能と、補助機能としてWebサイトを表示する機能や、電卓・カレンダーなどのアクセサリを表示する機能を持ったアプリケーションを作成してみました。

目次をクリックするとPDFファイルを表示する
目次をクリックするとPDFファイルを表示する
メインの作業をしながら、モードレスでサブ機能を呼び出して使える
メインの作業をしながら、モードレスでサブ機能を呼び出して使える
ページのタイトルをクリックしてページを縮小・展開できる
ページのタイトルをクリックしてページを縮小・展開できる

対象読者

 Visual Basic 2010/2012/2013、またはVisual C# 2010/2012/2013を使ってプログラムを作ったことがある人。

必要な環境

 Visual Basic 2010/2012/2013、Visual C# 2010/2012/2013、Visual Studio 2010/2012/2013でプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムは次の環境で開発・動作確認を行っています。

  • OS:Windows 7
  • 開発Tool:Visual Studio 2010、.NET Framework 4

プログラム実行時の注意事項

  本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下のファイルが必要になります(.NET Framework 4でのみご使用いただけます)

ファイル名 説明
C1.Win.C1Command.4.dll 本体アセンブリ
C1.Win.C1Schedule.4.dll 本体アセンブリ

 このファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。

コンポーネントのインストール

 トライアル版は、グレープシティのWebページから申し込みできます。

 トライアル申込フォームが表示されますので、必要情報を入力して申し込むとトライアル版のダウンロード手順を記載したE-Mailが送られてきます。その手順にそってダウンロードを行ってください。また、ダウンロードファイルは圧縮ファイルになっていますので、解凍してインストーラを起動します。

 制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールと参照の追加

 ComponentOne Studioをインストールしたら、プロジェクトにコントロールを追加します。

 ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。

 追加するコンポーネントは、アセンブリ名が「C1.Win.C1Command」の「C1TopicBar」コントロールと、「C1.Win.C1Schedule」の「C1Calender」コントロールです。

アセンブリ名が「C1.Win.C1Command」の「C1TopicBar」コントロールと、
アセンブリ名が「C1.Win.C1Command」の「C1TopicBar」コントロールと、
「C1.Win.C1Schedule」の「C1Calender」を選択する
「C1.Win.C1Schedule」の「C1Calender」を選択する

 これらのコントロールを追加すると、プロジェクトに以下のランタイムライブラリへの参照が追加されます。.NET Framework 4が必要です

ファイル 内容
C1.Win.C1Command.4 本体アセンブリ
C1.Win.C1Schedule.4 本体アセンブリ

 また、プロジェクトに以下のランタイムライブラリが追加されます。

ファイル 内容
C1.Win.C1Command.4.dll 本体アセンブリ
C1.Win.C1Schedule.4.dll 本体アセンブリ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5