Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

アルバムアプリをモバイル対応するためにDelphiサーバーアプリを作成してみる

コンポーネントを使ってスマホから閲覧できる写真アプリのサーバー機能をすばやく実装

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/24 14:00

目次

スマートフォンで撮影した写真をアップロードする

写真をアップロードするコード

 これの反対の操作を行えば、スマートフォンで撮影した写真をEMSサーバーにアップロードできます。RAD Studioでは、スマートフォンのカメラを使って写真を撮影したり、ロールにある写真を選択したりといった操作を、「アクション」と呼ばれるあらかじめ定義されたコマンドによって簡単に実行できます。アクションは自分でも作成できるので、さまざまなメニューにコマンドを割り当てるときに便利です。

 さて、取得した写真をサーバーにアップロードするコードは、次のようになります。ダウンロードのときに使ったのと同じオブジェクトに写真データを割り当て、JSON形式に設定します。

  item := TPhotoItem.Create;
  stream := TMemoryStream.Create;
  try
    // 写真データを写真アイテムにセット
    imgPhoto.Bitmap.SaveToStream(stream);
    PhotoItem.SetPhotoData(stream);
    // 出来上がったオブジェクトを JSON テキストに変換
    jsonText := TJson.ObjectToJsonString(item);
    // EMS エンドポイントを呼び出し
    BackendEndpoint1.ClearBody;
    BackendEndpoint1.AddBody(jsonText, TRESTContentType.ctAPPLICATION_JSON);
    BackendEndpoint1.Execute;
  finally
    FreeAndNil(item);
    FreeAndNil(stream);
  end;
図12 写真を撮影して保存

まとめ

 モバイルアプリでサーバーにアクセスするコードを書くのはなかなか大変です。RAD Studioには、今回紹介したEMSのほかにも、HTTPをはじめとした通信プロトコルをサポートしたコンポーネントが用意されています。

 コンポーネントを使うとコードが少なくて済む。これは直接的な開発生産性向上のメリットですが、同時にコードが複雑にならないのでバグが少なくなる、また、将来にわたってメンテナンスがしやすくなるというメリットがあります。

 また、データベースアクセスなどもコンポーネントによって抽象化されるため、どのデータベースを選択しても、同じ開発スタイル、同じコーディングで済むというのも効率的です。

 サーバーアプリの構築は、UI設計と違ってイメージしづらい部分も多いと思いますので、最後にこの辺を解説したビデオをいくつか紹介しておこうと思います。

 また、EMSも試すことのできるDelphi(RAD StudioおよびC++Builder)のトライアル版は、こちらからダウンロードできます。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • EDN編集部(イーディーエヌ編集部)

    エンバカデロ・デベロッパーネットワーク(EDN)は、ソフトウェア開発者とデータベース技術者のための技術情報サイトです。Delphi、C++Builderをはじめとする開発ツールやER/Studioなどのデータベースツールに関連する技術記事、ビデオなどを提供しています。EDN編集部は、EDN記事と連携...

バックナンバー

連載:EDN CodeZine出張所

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5