CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

初心者にやさしいGrove搭載の「Seeeduino」で簡単プロトタイピング

IoT Starter Studio 第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

Lチカはとても簡単

 Arduinoの派生ボードであるため、ArduinoのIDE(統合開発環境)を使って簡単にプログラムを動かすことができます。

 今回の動作環境は以下です。

  • Mac OS X El Capitan(10.11.6)
  • Seeeduino v4.2
  • Arduino IDE 1.6.12

 バージョンによって動作が異なることがあるのでご了承ください。

準備するもの

 Lチカにあたって必要なものは下記の2つだけです。

  • Seeeduino v4.2
  • USB-Micro USBケーブル

 Mac OS Xで使用するにはドライバをインストールする必要がないので、そのままUSBケーブルでパソコンとSeeeduinoを繋げます。Seeeduinoが正常にパソコンから電力を受け取ると、PWRのところが黄色に光ります。

注意

 Windows搭載のパソコンにSeeeduinoを繋げると、自動でドライバのインストールを開始しますが、途中で失敗してしまいます。そのため、Windowsをお使いの方はこちらから手動でドライバをインストールする必要があります。

Arduino IDEのインストール

 まずはArduino IDEをこちらからダウンロードして、インストールしてください。アプリケーションを起動するとこのような画面が出てきます。

Seeeduinoの追加

 Arduino IDEにSeeeduinoを追加します。[Preferences]へと移動し、[Additional Boards Manager URL]と書かれたテキスト欄に下記のように入力します。

https://raw.githubusercontent.com/Seeed-Studio/Seeeduino-Boards/master/package_seeeduino_index.json

 次に、[Tools]メニューの[Board: "Arduino UNO"]と書かれているプルダウンから、[Seeeduino V4(Atmega328P)]を選択してください。

 さらに、先程と同じ[Tools]メニューの[Port]プルダウンから、「/dev/tty.USBmodem.」のような名前のものを選択します。

注意

 Windowsの場合、「COM3」またはそれ以上の数字を選択します。

 これで準備は整ったので、プログラムをボードへ書き込んでいきます。

プログラムサンプルを使う

 Arduino IDEにはプログラムのサンプルが[File] > [Examples]内にたくさんあります。

 Lチカをするには [01.Basics] > [Blink]を選びましょう。

 すると上のようにプログラムが生成されると思うので、あとは上の左から2番目の矢印ボタン(ボードへ書き込み)をクリックするだけです。

 書き込みを始めると赤と青のLEDが光り、やがて青のLEDだけが規則的にチカチカすると思います。このサンプルでは1秒ごとに青色LEDのオンオフを切り替えるものなので、そうなっていれば成功です。

さらにもう一歩

 さて、これで一応のLチカはできましたが、これだけではただボードにプログラムサンプルを入れただけです。そこでもう一歩進んで、ボタンを押している間だけLEDを点灯する、というものを作ってみたいと思います。

ボタンからLEDを点灯する

 使用するのはSeeed Studio製の「Grove Button v1.1」と「Grove Cable」。これをSeeeduinoに取り付けて、ボタンを押している間LEDを点灯する仕組みを作ります。

Grove Buttonを設置

 Grove端子は凹型になっていて、形に合うようにポートにはめるだけです。専用の道具や知識が必要なはんだ付けは一切不要なので、誰でも簡単に設置することができます。

 Seeeduino上には2つの「I2C」と1つの「UART」と書かれた計3つのGroveポートがあります。ボタンで使うのは「I2C」の方なので、下のように2つのうちどちらかに挿してください。

サンプルを少し書き換える

 実はボタンでLEDを点灯するサンプルも[02.Digitals] > [Button]に用意されています。しかし、このサンプルであらかじめ指定されているボタンのピンの場所がSeeeduinoの場合異なるため、ボードに書き込んでもうまく動作しません。そこでこのサンプルを一部書き換えます。

 Arduino IDEで使われるプログラミング言語は、C++ベースのArduino言語です。この「Button」サンプルで説明すると、void setup()内でピンモードを、void loop()内で実行内容を指定し、これらの関数の外で変数・定数を宣言しています。

 SeeeduinoにおいてI2CのGroveポートは`A4`ピンにつながっています。つまり、サンプルで

const int buttonPin = 2;

となっているところを

const int buttonPin = A4;

と変更し、ボードへ書き込むと、ボタンを押している間だけLEDが光るようになります。

おわりに

 あっという間に、しかも配線もプログラミングもせずに、簡単な仕組みをつくることができました。

 さらにSeeeduinoで遊んでみたい、という方は、NodeBot kit for Beginnersもチェックしてみてください。

Seeeduinoの購入はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:IoT Starter Studio

もっと読む

著者プロフィール

  • ちゃちゃまる(dotstudio株式会社)(チャチャマル)

     デザインやWEB、IoTなどテクノロジー全般に興味があるデザインエンジニア。  高校三年時、株式会社LIGにアルバイトとしてジョイン。2016年4月に早稲田大学へ入学し、7月からdotstudioでグラフィックデザインとWEB制作を主に担当している。 Twitter:@ch...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5