Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

デブスト2019 セッションレポート

 2019年11月30日に開催された、若手エンジニア向けカンファレンス「Developers Boost 2019~U30エンジニアの登竜門~(デブスト2019)」。本ページでは当日の模様をレポートした記事を紹介しています。また、登壇者の方々が公開している資料もまとめています。当日来場された方も来られなかった方も、そしてU30ではない方も。ぜひご覧ください。

  • 11846_th.jpg

    Developers Boost 2019~U30エンジニアの登竜門~開催(講演資料まとめ付き)

     11月30日、翔泳社主催の若手エンジニア向けカンファレンス「Developers Boost~U30エンジニアの登竜門~」(以下、デブスト)がコングレスクエア日本橋で行われた。今年で2回目の開催となる。開催にあたり15社の企業スポンサーによる協力を得た。「アプリケーション開発」「開発プロセス」「イノベーション」「エンジニアの生き方」といったトピックスで、計27セッションに渡って講演された。

  • 11880_th.jpg

    デブスト2019ベストスピーカー決定、総合1位は千代田 まどか(ちょまど)氏

     翔泳社は、2019年11月30日に開催された「Developers Boost 2019 ~U30エンジニアの登竜門~」における、来場者アンケートなどを元に決定したベストスピーカー賞の受賞者を発表した。

  • 11859_th.jpg

    プロダクトオーナーシップは何をもたらすか? ドリーム・アーツ新機能開発の舞台裏【Developers Boost 2019】

     プロダクトオーナーシップとは、プロダクトの価値を定義し、育てていく力のこと。「どう作るか」よりも「何を作るか」が価値を持つ昨今において、「ユーザーのことを考えて、本当に役に立つプロダクト」を創造する力がエンジニアには求められている。株式会社ドリーム・アーツの小林千恵氏は、同社のポータル・グループウェアである「INSUITE」の新機能開発において、プロダクトオーナーシップの重要性に気づいたという。本セッションでは小林氏が自身の経験を踏まえ、ユーザーに寄り添うプロダクトを生み出す方法論を説く。

  • 11858_th.jpg

    ゆめみの未経験エンジニアが半年で急成長できた理由とは? 飛躍のカギはアホになること!?【Developers Boost 2019】

     株式会社ゆめみの遠藤大輔氏は、個性的なキャリアの持ち主だ。エンジニア未経験の状態から「ゲームプレイ採用」と呼ばれる採用手法によって同社に入社。その後、初案件で大規模サービスの開発に携わった。わずか半年ほどの間で、遠藤氏は大きな成長を遂げたという。飛躍を支えたのは、遠藤氏のどのようなマインドセットだったのか。その歩みをひもといていく。

  • 11860_th.jpg

    ヤフーのスクラムマスターが語る、失敗から導き出したチーム改善の知恵【Developers Boost 2019】

     スクラムマスターとは、スクラムの理解と実践をチームの全員に促し、プロジェクトを円滑に進めていくメンバーのこと。スクラムを成功に導くために、必要不可欠なポジションだ。ヤフー株式会社の西山慧氏は、入社2年目からスクラムマスターとしてチーム改善に取り組んできた。本セッションでは西山氏が、スクラムにおける3つの失敗談と、その改善を通じて得たノウハウを解説した。

    All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5