Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「ナビゲーションエディタ」をさらに使いこなす! ナビゲーションアーキテクチャコンポーネントでできること

Android Studio 3.3 の新機能 第2回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/10 11:00

 前回はナビゲーションエディタを使って、簡単な画面遷移を作成してみました。今回はその続きとして、ナビゲーションエディタの詳しい使い方を解説します。エディタで設定できる広告を学びながら、ナビゲーションアーキテクチャコンポーネントへの理解を深めましょう。

目次

対象読者

  • 画面遷移に慣れていないAndroid初学者
  • 画面遷移にstartActivityしか使ったことがないAndroid経験者

前提環境

 筆者の検証環境は以下の通りです。

  • macOS Mojave 10.14.3
  • Android Studio 3.3.2

ナビゲーションエディタの使い方

 前回、ナビゲーションエディタの簡単な使い方を解説しました。その続きとして、ナビゲーションエディタの各部の使い方を詳しく解説していきます。

 ナビゲーションエディタは図1の通り、大きく分けて3つのビューから成り立っています。

図1:ナビゲーションエディタの構造
図1:ナビゲーションエディタの構造

 それぞれのビューには、次の名前が付いています。

  1. ディスティネーションパネル(Destinations Panel)
  2. グラフエディタ(Graph Editor)
  3. 属性(Attributes)

 まずは、各ビューでどんな操作ができるのかを解説します。その後、それらを活用しながら、どのようなナビゲーションアーキテクチャコンポーネントの機能が使えるのかを解説します。

ディスティネーションパネルの見かた

 ディスティネーションパネルは、現在扱っているナビゲーショングラフ(本記事ではres/navigation/nav_graph.xml)に登録されているディスティネーション(画面)を一覧するためのビューです(図2)。

図2:ディスティネーションパネル
図2:ディスティネーションパネル

 ホスト(HOST)セクションには、このナビゲーショングラフで画面遷移が行われる際の土台(ホスト)となっているレイアウト名が表示されます。図2では、今回のホストとなったMainActivityのレイアウト名が表示されています。

 そして、グラフ(GRAPH)セクションには、ディスティネーションの一覧が表示されます。- Startと記載されているディスティネーションは、このグラフの中で最初に表示される画面(スタート画面)を表しています。また、図3のように、グラフエディタと選択状態が連動します。

図3:グラフエディタと選択状態が連動する
図3:グラフエディタと選択状態が連動する

 多機能なアプリを作る際には、ディスティネーションの数も膨大になることが予想されます。グラフエディタから画面を探すのが難しいときには、ディスティネーションパネルから探すとよいでしょう。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 中川幸哉(ナカガワユキヤ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:Android Studio 3.3 の新機能
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5