CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

中国インターネット事情:オンラインゲーム市場が2年で2倍に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月22日、マルチメディア推進フォーラム主催の講演が行われ、「サイバー攻撃の脅威とその対策の動向」と題して、各界の研究者やアナリストによる報告やセミナーが開催された。その中で、JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)情報セキュリティアナリスト Jack YS LIN氏による、中国のサイバーセキュリティ事情の総括レポートについて紹介する。

目次

 4月22日、マルチメディア推進フォーラム(事務局:ハイテクノロジー推進研究所)主催の講演が行われた。今回は「サイバー攻撃の脅威とその対策の動向」と題して、各界の研究者やアナリストによる報告やセミナーが開催された。その中で、JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)情報セキュリティアナリスト Jack YS LIN氏による、中国のサイバーセキュリティ事情の総括レポートについて紹介する。

写真1:JPCERTコーディネーションセンター 情報セキュリティアナリスト Jack YS LIN氏
写真1:JPCERTコーディネーションセンター 情報セキュリティアナリスト Jack YS LIN氏

急速な発展を見せる中国のインターネット市場

 まず、中国総人口13.2億人のうちおよそ3.84億人がインターネットユーザーであり、普及率は28.9%(2009年)となっている。LIN氏によれば、おそらく2010年中には4億を超えるだろうとのことだ。インターネットユーザーのうち約90%がブロードバンド接続をしていると発表されている。中国でもブロードバンド接続と言うとADSLやFTTHなどの常時接続方式をいう。また、参考情報ながら、中国でのインターネット接続料の目安は、8Mbpsサービスで498元/月、1Mbpsで138元/月というデータも示された。

 続いてLIN氏は、普及率で3割弱でありながら既に4億近いユーザー数となる中国のインターネット市場の発展状況について発表した。IPv4アドレスは2007年に1.35億個の割り当てだったものが2009年には、2.32憶個まで伸びている。電気通信設備などへの固定資産投資額は1941億元だったものが2773億元(比較年度同前、以下同)となっている。ネットゲーム市場規模は、128億元から260億元と倍増しているそうだ。DoS攻撃ツールや攻撃サービスなどのアンダーグラウンド市場は、3.8億元から7億元に増えているとのことだ。

図1:中国のインターネット普及率(その後の調査で4月22日の時点で4億を超えたという報道もある)
図1:中国のインターネット普及率(その後の調査で4月22日の時点で4億を超えたという報道もある)
図2:普及率の推移と接続費用の目安
図2:普及率の推移と接続費用の目安
図3:市場規模の拡大(2007―2009年)
図3:市場規模の拡大(2007―2009年)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:イベントレポート

もっと読む

著者プロフィール

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5