CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グリッドデータをドラッグ&ドロップで操作し新しい表を作成する.NETアプリケーションを作る

「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」のC1TrueDBGridコントロールを使った.NETアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/12/27 14:00
目次

C1TrueDBGridコントロール「C1TrueDBGrid1」の設定

 上に配置したC1TrueDBGrid1コントロールに、データベース連結と外観の装飾を行います。データベースは、テーブル「図書館一覧」の全データを表示するようにします。

 (1)スマートタグから「データベースの選択」をクリックし、「プロジェクトデータソースの追加」をクリックします。

「プロジェクトデータソースの追加」をクリック
「プロジェクトデータソースの追加」をクリック

 (2)データソース構成ウィザードが起動しますので、順番に「データベース」「データセット」を選びます。

 (3)データベース接続のページで「新しい接続」をクリックします。

 データソースに「Microsoft SQL Serverデータベースファイル」を選択し、データベースファイル名に「都立図書館リスト_Data.mdf」を選びます。「テスト接続」ボタンをクリックし、テスト接続に成功したことを確認したら、ウィザードの次のページに移ります。

データソースに「Microsoft SQL Serverデータベースファイル」を選択し、
データベースファイル名に「都立図書館リスト_Data.mdf」を選ぶ
データソースに「Microsoft SQL Serverデータベースファイル」を選択し、データベースファイル名に「都立図書館リスト_Data.mdf」を選ぶ

 (4)データベースのコピーをプロジェクトに入れ、接続文字列を確認し、「次へ」ボタンをクリックします。

 テーブルを選択するページに移りますので、テーブル「図書館一覧」をクリックし、データセット名はそのまま「都立図書館リスト_DataDataSet」にして「完了」ボタンをクリックします。

テーブル「図書館一覧」をクリックしデータセット名は「都立図書館リスト_DataDataSet」
テーブル「図書館一覧」をクリックしデータセット名は「都立図書館リスト_DataDataSet」

 (5)もう一度スマートタグを開き、「VisualStyle」を「Office2007Blue」にし、「行の色を互い違いにする」をクリックします。

「VisualStyle」を「Office2007Blue」にし、「行の色を互い違いにする」をクリック
「VisualStyle」を「Office2007Blue」にし、「行の色を互い違いにする」をクリック

 (6)プロパティウィンドウで次のプロパティを設定します。

プロパティ 設定値
AllowDrag True
BlackColor 192, 255, 255
BorderStyle Fixed3D
FlatStyle Standard
EvenRowStyle - BackColor Thistle

 AllowDragプロパティをTrueにすると、C1TrueDBGridコントロールはドラッグ機能が有効になります。

各プロパティを設定したC1TrueDBGridコントロール
各プロパティを設定したC1TrueDBGridコントロール

 (7)MouseDown・MouseMoveイベントハンドラを作成します。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5