SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

5分でわかるActiveReports帳票(PR)

5分でわかるActiveReports帳票-ActiveReports Server(応用編)

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(8)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リビジョンから古いバージョンの帳票を編集する

 ActiveReports Serverに保存された帳票は全てリビジョン管理されているので、誤編集があった場合でも、変更前のバージョンに簡単に戻すことができます。リビジョンから帳票を開いて編集するには、以下のような手順になります。

1)リビジョンから帳票を開く

 前述の手順と同様にスタンドアロン版帳票デザイナからActiveReports Serverに接続し、「顧客名簿」を選択します。この時、[開く]ボタンの横の矢印をクリックすると[リビジョンを開く]のメニューが表示されるのでクリックします。

[リビジョンを開く]メニュー
[リビジョンを開く]メニュー

 [リビジョンを開く]ダイアログが表示されるので、開きたいリビジョンを選択し、[開く]をクリックします。今回はヘッダの背景色をピンクに変更する前のリビジョンを選択して開きます。

[リビジョンを開く]ダイアログ
[リビジョンを開く]ダイアログ

 帳票デザイナにはヘッダの背景色をピンクに変更する前の、青色のバージョンの「顧客名簿」が表示されます。

変更前のバージョンの顧客名簿
変更前のバージョンの顧客名簿

2)ActiveReports Serverに帳票を保存する

 あとは前述の手順と同様に、[ファイル]-[サーバーに保存]メニューコマンドから、「顧客名簿」をActiveReports Serverに保存すれば、「顧客名簿」はヘッダの背景色が青色の状態に戻ります。

ヘッダの背景色が青色の状態で再保存
ヘッダの背景色が青色の状態で再保存
利用者ポータルで編集結果の確認
利用者ポータルで編集結果の確認

備考

 グレープシティのWebサイトではActiveReportsの帳票デザイナとの連携方法をさらに詳しく紹介した技術資料を公開しています。

次のページ
外部システムとの連携

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5分でわかるActiveReports帳票連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

グレープシティ株式会社 ActiveReportsチーム(グレープシティカブシキガイシャ アクティブレポートチーム)

 宮城県仙台市に本社を構えるグレープシティでは、日本の業務に適したシステムをより早く開発するためのソフトウェアを提供しています。エンドユーザーの利用しやすさ、幅広いユーザー環境への対応、そして何よりプログラマの作業を軽減することを一番に目指しています。 ActiveReportsは、帳票開発に必要なあらゆる機能を備えた当社を代表するコンポーネントの1つ。1998年の発売以来、日本だけでなく全世界で多数の帳票開発者に使用されています。製品開発は同チームが中心になり、「日本仕様」の厳しい要望を実現することを目指しています。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/9406 2016/05/12 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング