Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

5分でわかるActiveReports帳票-ActiveReports Server(応用編)

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(8)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

監査の有効化

 ユーザーの作成が完了したら監査を有効化します。監査の有効化は管理者ポータルから行います。

1)監査の有効化

 管理者ポータルを開き、左メニューより「監査設定」を開き[監査の有効化]にチェックを入れます。

監査の有効化
監査の有効化

 チェックを入れると詳細な設定を入力するフィールドが表示されるので、以下の値を設定します。

監査の設定値
監査情報を保持する日数 30日
プロバイダ Oracle
サービス名 XE
ユーザー名 「ユーザーの作成」の手順で作成したOracleのユーザーの名前
パスワード 「ユーザーの作成」の手順で作成したOracleのユーザーのパスワード

 値を入力したら「テスト」をクリックして接続テストを行います。「接続テストは成功しました。」のメッセージが表示されればテストは成功です。

接続テスト
接続テスト

備考

 ActiveReports ServerとOracleをそれぞれ別のマシンにインストールする場合、ActiveReports Serverをインストールした側のマシンには、Oracleクライアントを別途インストールし、ローカル・ネット・サービス名の構成を行う必要があります。(同じマシンにインストールした場合は不要です。)Oracleクライアントをインストールする方法はいくつかありますが、フルパッケージはOracle Technology Network(OTN)から入手可能です。

 接続テストが成功したら「接続」ボタンをクリックします。データベース上に監査用のテーブルが存在しない場合は、以下のダイアログが表示されるので。「はい」をクリックしてテーブルを自動作成します。

テーブル作成の確認
テーブル作成の確認

2) テーブルの確認

 SQL*Plusを起動し、作成されたテーブルを確認します。まずは、監査を有効化したときのユーザーで接続します。

SQL> connect arsuser/PASSWORD@xe;

 接続されたら、現在のユーザーが所有するテーブルの一覧を取得します。以下の4つのテーブルが自動で作成されています。各ユーザーのアクセス情報などはこれらのテーブルに格納されています。

SQL> select table_name from user_tables;
TABLE_NAME
------------------------------------------------
RequestInfo
OperationInfo
SemanticAttribute
ServiceRecord

監査レポート

 監査を有効化すると「監査アクティビティサマリー」と「監査アクセスサマリー」という2つの監査レポートが自動作成され、「レポート」ページから参照できるようになります。

作成された2つの監査レポート
作成された2つの監査レポート
監査アクティブティサマリー
監査アクティブティサマリー
監査アクセスサマリー

監査アクセスサマリー


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5