Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Java」に関する記事

548件中521~540件を表示
  • 2005/07/25

    リフレクションAPIを使用して適応性の高い動的なコードを記述する

    JavaのリフレクションAPIを使用すると、実行時の条件に順応するコードを記述できます。しかも、この長所は大規模なアプリケーションでなくても活用することができます。本稿では、リフレクションを使用してアプリケーションの堅牢性と柔軟性を高める方法について説明します。

  • 124_t.jpg
    2005/07/25

    スタックトレースを利用してメソッドの情報を取得する

    プログラムが実行中に例外をスローすると、標準出力にスタックトレースが表示されます。この情報は、実行中に仮想マシンが保持しているスタックフレームの内容です。本記事では、スタックフレーム情報から例外の発生したメソッド名やクラス名前などの情報を取得する方法について説明します。

  • 2005/07/19

    コールバック機構を利用して並行処理時に発生するバグを防止する

    すべてのオブジェクトデータへのアクセスにコールバックの機構を使うよう強制すると、Javaサーバーにおける並行処理に関する問題を一箇所にまとめることができるので、並行処理の制約に対する違反をより簡単に特定できるようになります。

  • 111_t.jpg
    2005/07/14

    Eclipse JETを使用した簡単なコード生成の実例

    多くの方がJavaでのテンプレートエンジンとしてJakarta Velocityを利用されていることと思います。本稿では、Velocityに比べてマイナーなJET(Java Emitter Template)を紹介し、コード生成のサンプルとして簡単なExcel-Javaバインディングツールを作成します。

  • 116_t.jpg
    2005/07/12

    隠線処理を用いた三次元グラフの作成

    三次元グラフは、z=f(x,y)で与えられる関数を分かりやすく表示できるので、多くの科学的論文や資料で使用されます。本稿では、自分でも作れるように、三次元グラフの仕組みと実装例を紹介します。

  • 105_t.jpg
    2005/07/07

    JavaのSSLSocketでSSLクライアントとSSLサーバーを実装する

    インターネットを利用した商取引に、SSLを利用したセキュリティの確保はかかせません。本稿では、J2SE1.4から標準で用意されたJSSE(Java Secure Socket Extension)のAPIを利用した簡単なSSLサーバー/クライアントの実装例を紹介します。

  • 98_t.jpg
    2005/06/22

    パターン認識の前処理に必要な二値画像の細線化

    細線化とは、二値画像を幅1ピクセルの線画像に変換する処理のことで、画像処理の中では比較的利用頻度の高いものです。特に、文字認識やパターン認識の前処理として多く使われます。

  • 100_t.jpg
    2005/06/21

    EclipseとEMFを使用した簡易XMLエディタの作成

    EMF(Eclipse Modeling Framework)やTrang等のオープンソースソフトウェアを使用して、XMLファイルから、XMLを編集するEclipseプラグインを自動的に生成する方法と、生成したプラグインをカスタマイズする方法を紹介します。

  • 2005/06/17

    Reflectionを利用して再帰的にオブジェクトの内容を文字列化する

    本稿では、Reflectionを利用して、デバッグ時などに便利なオブジェクトのフィールドを文字列化する方法を紹介します。この方法を利用すると、個々のクラスにtoStringのようなメソッドを実装する手間を省くことができます。

  • 94_t.jpg
    2005/06/16

    RPG系プログラムで大勢のキャラクタを縦横無尽に歩かせる方法

    ロールプレイングゲームにおいて、大勢の「町の人」を縦横無尽に歩かせるには、厳密な最短経路の探索よりも、消費メモリの少なさと処理速度が優先されます。そこで、目的地までの中継点を結ぶことを利用した新たな経路探索のアルゴリズムを考案してみました。

  • 84_t.jpg
    2005/06/01

    iTextを利用してJavaからPDF形式の帳票を出力する

    現在のWebシステムにおいて帳票の出力を行う場合、PDF形式が選択されることが一般的になっています。この記事では、「iText」というオープンソースのライブラリを活用して、PDFの出力を行う方法を解説します。

  • 85_t.jpg
    2005/06/01

    uncaughtExceptionメソッドでサブスレッドの例外発生をハンドリングする

    スレッドを用いたアプリケーションでは、処理の並列化という性質を考慮して実装する必要があります。そのスレッドアプリケーションの実装の1つのテクニックとして、本稿ではThreadGroupのuncaughtExceptionメソッドのオーバーライドという方法を紹介します。

  • 86_t.jpg
    2005/06/01

    テンプレートマッチング法を用いた顔画像の検出

    画像処理の応用の一つに、車や人物といった物体の検出があります。画像の中から、上記のような特定のパターンを探し出すには、「テンプレートマッチング法」が良く用いられます。ここでは、テンプレートマッチングの最も簡単な方法を紹介します。

  • illust06.gif
    2005/05/19

    マルチタスク対応Javaアプリケーションの作成

    J2SE 5.0のjava.util.concurrentパッケージは、スレッドの作成、実行、管理に関する下位レベルの詳細を受け持つ新しいスレッドフレームワークを提供します。この重要な機能について詳しく見ていきましょう。

  • illust04.gif
    2005/05/16

    JavaとSAXパーサでXMLベースのプログラミング言語を作る

    プログラミング言語を作ってみたいと思ったことはありませんか? 字句解析と構文解析を省略するために、XMLベースにして、すぐに実行可能なプログラミング言語をJavaで実装してみます。

  • 74_t.jpg
    2005/05/10

    Swingを用いたJava3D用材質エディタ

    Java3Dで使用する材質の設定を簡単な操作で結果を見ながら行うことができるアプリケーションを作成します。アプリケーションで編集した材質を実際のプログラムで使用できるように、Javaのコードの出力も行います。GUIにSwingを、プレビュー部分にJava3Dを使用します。

  • 73_t.jpg
    2005/05/09

    再帰プログラムによるフラクタル図形の描画

    「フラクタル図形」とは、その図形を拡大して行くと、再び最初の図形と同じものが現れる、特殊な図形です。フラクタル画像の描画プログラミングを実装しながら、再帰処理のテクニックを学びます。

  • 2005/05/06

    Jakarta Velocityでテンプレートを変換しメールを送信する

    テンプレート変換エンジンであるJakarta Velocityを使って、メールテンプレートファイルから動的に文面を作成しメールを送信するコード例を説明します。

  • 63_t.jpg
    2005/04/18

    JBoss-IDEによるEclipseからのJBoss開発

    JBossはこれまでも広く使われてきたJ2EEアプリケーションサーバーですが、Eclipse開発フレームワークにプラグインできるGUI統合開発環境(IDE)が加わったことで、今後は主流になっていくのではないかと予想されます。

  • 2005/04/14

    Inversion of Controlパターンでコンポーネント間の結びつきを弱める

    Inversion of Control(IoC)パターンを使用すると、ソフトウェアコンポーネント間の結び付きが弱まり、再利用とテストが容易になります。このパターンをソフトウェア設計に取り入れる方法を見ていきましょう。

548件中521~540件を表示
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5